よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル夜泣き&赤ちゃん返り

ご無沙汰してました~。
すなみです。
手伝いに来てくれていたお義母さんが帰られて、4人家族での生活が始まりました。

そして初お目見え、次男のヨシくんです!
IMG_0057.jpg

退院してから1ヶ月あまり、寝てばかりだったのが嘘のように
ぐずり大魔王&だっこ星人になりましたが
ケーくんで鍛えられてるので、とってもらくちんです(笑)

今回はおっぱいもしぼって捨てるほど出て、
1ヶ月健診では体重も出生時+1.1kg増えていて
すばらしい!のハンコをいただいちゃいました。

ケーくんはとってもいいお兄ちゃんです。
赤ちゃんが泣いてると「赤ちゃん泣いてるよ~。」と知らせに来てくれたり
赤ちゃんをお風呂に入れるよ、と言うと、着替えとおむつを用意して来てくれます。

が・・・
やはり、赤ちゃん返りは来ましたね。。。

・夜泣き
ヨシくんが生まれてから、夜泣きがひどくなりました。
もともと眠りが浅く、夜中も起きることはありましたが
最近はヨシくんの泣き声で目を覚まし、「おかあさ~ん。」とか
「しないで!しないで!(やめて、の意)」「ぶどう食べる~。」など
泣き叫びます・・・

時にはそれでヨシくんが起きてしまうこともあり。
つい「もう!せっかく寝たのに!」と怒ってしまったりします。

・「なんで?」連発
「保育園行くよ。」「なんで?」
「お仕事やけん。」「なんでおしごと?」
「みんなお仕事いくやろ。」「なんで?」
「何でも!」「なんでなんでもっていうと~?」
これを一日20回くらいやられるので、気が狂いそうになります。

・「おかあしゃ~ん」
妊娠後期くらいから、私べったりになりました。
生まれてからはさらにひどく・・・
最近は何もなくても「おかあしゃん」と呼びかけます。何度も何度も。
とにかく私が相手してないとだめなようで、一人遊びもしなくなりました。
それも晩ご飯の最中や授乳中など、手が離せないときに限って始まるので
いけないと思いつつ、「おかあしゃ~ん」が始まると、イラッとしてしまう自分が・・・

自分でやる!と言うことも増えて来たんですけど、
おむつは赤ちゃんみたいに寝転がってはかせてもらいたがったり、
ご飯を食べさせてもらいたがったり。

厳しくするとよけいにひどくなるし、かといって全部の要求を聞いてあげられないし・・・

前できてたことがなんでできないの?とか
このまま自主性のない子になってしまったらどうしよう?と思ったり。

ヨシくん妊娠前のような、優しい気持ちをケーくんに持てなくなってしまいました。
私って最低だな・・・
一番つらいのはケーくんなのに・・・

2人目育児は楽だけど、2人育児は大変だ~TT

二人並んで寝ている姿を見ると、産んでよかったと思えるんですけどね。
R0017099.jpg

スポンサーサイト

まちのこそだて

最近のケーくんは、以前からの自己主張に加え、あまのじゃくが出てきてちょっと大変です。
朝お着替えしない!○○食べない!おやつ食べる!トイレ行かない!などと反抗する行動は
以前から「あっそう」と流していたので、そんなにストレスってほどではないのですが(放っておくと自分からすることもある)
それに加えて、気に入らないことがあったらヨーグルトを投げるとか、おもちゃをゴミ箱にわざと捨てるとか。
(それにしても、キレ方が私そっくり(苦笑)目の前でキレたことはないはずなんだけど・・・)
この前は電車のおもちゃにヨーグルトがかかり、それを自分で「もうこれポイする」なんて言ってゴミ箱に入れたので、そのままゴミに出しました。
そしたら、昨日いきなり「でんしゃは?」と言うので
「ケーちゃん、あれヨーグルトかかったって自分でポイしたよね。だからゴミ屋さんに持って行ってもらったよ。だからもうないよ。」
と繰り返して言ったら、諦めたようでした。
自分の行動の結果は自分で始末つけるということを、分かってもらわんといかん。

周りに話すと「2番目ができたことが分かるんだね。」とか「赤ちゃん返りだね。」と言われるけど、そうなのかな~?
確かに、そう片付けてしまうと、楽は楽なんだけど、なんかもうちょっと他に原因があって、対処次第ではうまい方向に持って行けるのではないかと思ってしまいます。
最近妊娠して働いていて余裕がなかったせいで、ケーくんの相手をちゃんとしてあげられなかったことも原因かなと思ったり。

私が咳をしていると「コンコン出てるね~。」「おかあしゃん、だいじょうぶ?」と言ってくれたり
「けーちゃんのおひざにおいで」「よしよし」と言ってくれたりして、オットよりよっぽど思いやりがある・・・(泣)と思うこともあるんですが
保育園からなかなか帰らず、散々寄り道したあとに、家に帰ってさらに「三輪車乗る~」と言われたりした日には「もう、本当に勘弁して」と思うことがあります。
義母には「何でも言うこと聞いていたら舐められるわよ!」と言われ、何でも聞いているつもりはないんですが、疲れているのはこちらの都合だし、体力さえあればとことんまで付き合ってあげたいなあ・・・という思いがあるので、悩ましいところです。

私が座右の銘にしている言葉があります。
「まちのこそだて」
子育てに一番大事なのは「待つ」ことだと。
私自身が急かされて育ち、母に対しては「この人には何を言っても分かってくれない。どうせ無視される。」という気持ちを持ってしまっていたので、子どもには「この人は分かってくれない」という淋しい思いをさせたくない!というのが、実はすごくあるのです。

上の言葉は、とても素敵な子育てをしてらっしゃる方がおっしゃっていた言葉です。
お子さんは高校生の息子さんなのですが、自分で考え、自分で進路を決め、
ご両親に対しても思いやりを持ち、冷静な判断ができます。
そのお子さんと、お母さん自身の資質ももちろんあるんでしょうけど、
少しでも近づけたら・・・と思って、実践しています。
でも、やっぱり私に余裕がなくなってしまうと、できなくなってしまうこともあります・・・

モンテッソーリでも、「こどもの自主性を尊重する」ということが重要視されていて
こどもの「やりたいという気持ちを無視しない」ということが大切だと分かっているので
子どもが「自分で着替えたい」「じぶんでやりたい」と言えばやらせてあげ
なるべく手を出さないようにしてきましたが(どうしてもできない、と言った時だけ代わりにやってあげる)
これって、ほんっと~~~~~~~~に根気がいりますよね!
とくに、保育園に早く連れて行かなきゃ遅刻する・・・なんて時に
「じぶんではく~」と言われた日には・・・(それでも、靴を履くくらいなら何とかさせますけど、これに加えて「三輪車乗る~」と言われた時には、キレてしまいますTT

「我がまま」と「自己主張」の境目ってほんとに見極めが難しい。
私の判断基準は
・「これをされてもまあ、そんなに困らないし、いずれは自分で出来るようになってほしいこと(ご飯を自分で食べる、着替えを自分でする)」
→「余裕がある時は、時間がかかってもなるべくさせてあげる」
・「これをされると面倒だけどまあ、いずれは自分で出来るようになってほしいこと(お茶碗を運ぶ、買い物かごを持ちたがるなど)」
→「なるべくさせてあげる。そのかわり失敗した時の後始末も自分でさせる」
・「これをしてしまうと、ケガをしたりして子どもが危ない(カッターやはさみを触る、熱いものを持ちたがる、など)」
→「軽いケガならさせてもよい。自分で学ぶことも大切なので、一緒に、正しいやり方を教えながらさせる」
「(道に飛び出すなど本当に危ない行為は)めっちゃめちゃ大きい声を出して叱る。&普段からの言い聞かせも併用」
・「これをさせると、人が迷惑する(電車の中で騒ぐ、人を叩く、など)」
→「有無を言わさずやめさせる」(電車の中ではしゃいでいたりして、やめさせるとさらに泣きわめきそう、など、微妙なラインの時は、ひたすら気をそらす、など)
という感じでやっていますけど、いずれにしてもヘトヘトに疲れます。
怒るのだってスタミナいるんですよね。泣く顔は見たくないし。

それでまたケーくんが、聞き分けのいい方だから助かっていますけど
これが脊髄反射行動型の子どもだったらどうなってしまうのだろうと・・・恐怖です。

子育てって、自分育てとも言いますけど、気力と根気がいりますよね、本当に。
若いうちに産んでおけばよかったぁ~(笑)

笑える・・・

最近ケーくんの言葉数が増えてかなり面白いです。
ああ、人間だなあ、と思うこともしばしば。

でも「ケーくん語」も存在します。
「ヨーグルト」は「ぶーぶーと」。
「ビスケット」は「びーびーと」。
「ごはん」は「ごかん」。
なので、「ごかんくだしゃいな。」などと言います。

最近ウケたのは「こいのぼり」→「ぼんぼろり」でした。

訂正しても「ちわう。」(ちがう)と言われるので敢えて訂正しなかったのですが
他の言葉が言えるようになっても上の三つはいつまでも直らないので
もしかしたら「これでいい」と思ってるんだろうか?
訂正した方がいいのかなあ・・・

まあ、小学生になっても言い間違いしてる子もいないし、大丈夫とは思いますが・・・

それにしてもまあ口数が多いです。
私に似たのかしら・・・とも思いますが
この年頃の子ってみんなそういうものかしら?

保育園から一緒に歩いて帰っていると、何度も何度も立ち止まります。
花を指差しては
「おはなきれいねー。」
空を見上げては
「うわあ!くも、おっきいねー!」
カラスの鳴く声がすれば
「かー、かーって言ってるね。」
と、私が普段気にも留めてないことにいちいち気がつくので、はっとさせられます。
この間は「にー、にー。」と言うので
何かと思ったら、虫の鳴く声がそう聞こえていたようでした。

ケーくんからするとすべてが新鮮で、感動の連続なんだろうなあって思います。

それと、感情を表す言葉を言うようになりました。
先日、保育園からの帰り、保育園の滑り台で遊びたがっていたんですが
まだお迎え待ちの子もいるし、先生たちも大変だろうと思って
お迎えの時は保育園ではなるべく遊ばせないようにしているので
帰るよーと言ってさっさと帰ろうとしたんです。
そしたら「おかあしゃ~ん。」と言って突っ伏して泣いたので
起こして靴を履かせ、ベビーカーに乗せたところ
ベビーカーに乗って、涙を拭いながら
「かなしいよう。かなしいよう。」
と言うのです・・・

思わず笑ってしまいました。

他にも、夜布団に入ってもなかなか寝ないので
オットが「○○ケーくーん。」と言うと
「寝ていまーしゅ。」
と言ったり・・・
(そういえば、朝出席の時に名前を呼ばれて『休みでーす』って言う奴のことを思い出したよ)

毎回「えっ!」と驚くような受け答えをするので、本当に面白い。

そして、毎日幸せをもらっているなあ、と思います。

じこけんお・・・

二日連続で、ケーくんは悪くないのに、怒ってしまいました。
先週末から、オットのお友達のスウェーデンの方がいらしていて
片付けに始まって、朝ご飯の準備とか、いろいろバタバタしていて
疲れがたまっていたのかもしれません。
気づいたら、仕事から帰ってから晩ご飯を食べる時になって、あ、今初めて座ったわ、
ということも何度か・・・

続きを読む »

2歳になりました。

ケーくん、先日のバレンタインに2歳になりました!
といっても、お父さんは出張、お母さんはつわりで、まともなお祝いはしてあげられませんでした。。。
ごめんね、ケーくん、落ち着いたらゆっくりしようね。

2歳になったケーくん、でもお母さんの中ではまだまだ赤ちゃんのような気持ちです。
最近はこちらが予想もしてないことをしゃべることが多くなり、楽しいです。
私が具合悪いと「だーじょーぶ?」(大丈夫?)と言ったり、(母は涙が出そうに・・・次の瞬間ぶっ叩かれたけど)
こないだなんて後ろを通る時に「ちょっとごめんね!」と言われたのでずっこけそうになりました。(私がいつも言ってんだなぁ・・・)

一人で歌っていることも多いです。
「きーらーきーらーひーかーゆー、よーぞーらーのーほーしーよー、
まーばーたーきーしぇーしぇーわー、みんにゃーおーみーてーゆー」
を延々と繰り返し・・・

「○○してゆ」って言うのを聞いた時は
「リアルピノ子や!(ピノ子って分かります?)」
と思いました。
ほんとに言うんだー。

「お母さん」と呼ばせているのですが、「おかあしゃん」というので可愛いです。

モンテッソーリの保育園でちゃんと教えていただいているので、自分でいろいろやろうとします。
「ごはん持ってって。」というと、ちゃんと机まで持って行って(たまにひっくり返しますが・・・^^)、椅子に座って、前掛けをして、「だきまーしゅ」と言ってスプーンを持って食べます。
食べ終わると、「ごしょしゃまー」と言って食器を流しまで持って来たりします。(届きませんけどね)
「ありがとう!」と言うと、すごくうれしそうで、次からもやってくれます。

同じ保育園に通っている子は、こういうことはみんな普通にやってます。
先生方はプロなので、実に分かりやすく子どもに教えてくださいます。
私一人で育てていたら絶対にこんなことはできなかっただろうなあと思います。
モンテッソーリには、「敏感期」といって、あることをやりたがる時期というのがあるらしいのですが
私は、1歳や2歳の子なんて何も分からないんだろうと思ってて
でも実は、こんなに小さいうちから、自分のことは自分でやりたかったり、人の役に立ちたがったりするんだって知ってびっくりしてます。

まあ、どこの子もこのくらいのことはできるのかもしれないけど^^;
少なくとも私は、まさか無理だろうと思って教えていなかったと思うので、いい保育園に巡り会えてよかったなぁ、モンテッソーリを知ることができてよかったなと思います。

あ、最近保育園では、ケーくんは「ひょうきん者」と言われているようです。
朝から、先生に会ったら、変顔をしてふざけています。
連絡帳にも「ケーくんは面白いですね!今日なんて、胸ポケットにどう考えても入らない大きさの絵本を入れようとして頑張っていたので、笑いが止まりませんでした。」と書かれておりました。
(ただのアホ・・・?)

素でやっていることも多いですが(天然?)、どうも、人が自分のすることで笑ってくれるのが、嬉しくて仕方ないようです。

誰に似たんでしょう?

ちなみにケーくんは今、2度目のインフルエンザにかかって寝込んでおります(苦笑)
予防接種の意味ナッシング。
これが保育園のデメリットと言えばデメリットですね・・・
まあ、いろんな病気にかかって、強くなってねって感じです。


プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。