よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

昨日はオットにケーくんを預けてお友達と遊びに行ってたのですが
大変だったみたいで(まだロタ中だし、機嫌も悪かったみたいTT)
帰ってから不機嫌になられちゃいました。

私は私で、ここのところずっとオットに対して不満があり
(私の話をまともに取り合ってくれない、ケーくんの育児方針についての意見の相違など)
昔聞いた元彼女の話と自分を比較したりしてブルーになってしまいました。

んで、久しぶりにケンカしちゃいました。

ところで、昨日はどこに行ったかというと
「地球交響曲」という映画の上映会と
「ママのおなかをえらんできたよ」という本の著者である、産婦人科医の池川明さんのお話を聞いてきたのでした。
すごーく面白かった!
「地球交響曲」は、感動しました。特に出産シーン・・・
もうだめです。自分が産んでからというもの、もうああいうシーンは涙なしに見れません。
周りの女の人もほとんど泣いてました。そうだよね~。
池川明さんは、赤ちゃんについてのいろいろなお話を聞かせてくださって、例えば
妊娠中パパがママのお腹によく話しかけていると、子どもは産まれてからもパパ大好きになるとか、
子どもは生まれた時のことを良く覚えていて、尋ねるとちゃんと教えてくれるよとか、そういう話でした。
ちなみに、うちは一切話しかけなかったのですが(しかも、ケーくんの方も動いていてもオットが触ると動かなくなるという徹底ぶり)
それが未だにオット抱っこだと泣き叫ぶ原因??などと思っちゃいました。
一緒に行った友人のところは妊娠中からパパがずっと話しかけていて、生まれてからも泣いててもパパが抱っこすると泣き止んだんだそうです。うらやましい・・・
皆さんのところはどうでした?

あ、ケンカの方は、もうおさまりましたよ~。

続きを読む »

スポンサーサイト

ちょっとばかし

愚痴モードです

うちのオットは普通よりも手伝ってくれる方だと思います。
家事にしても育児にしても。
食べた食器は片付けてくれるし、ゴミも集めるとこからやってくれるし
子供にミルクもあげてくれるし。

なのに、いえ、だからこそなのかもしれませんが、
たまにそうじゃない時があるとかなり苛立ってしまいます。

贅沢な悩みなんですよね、きっと・・・

読みたくない方もいると思うので続くに入れます~。

続きを読む »

ごめんね

昨日からどういうわけか、ケーくんが急に母乳を飲んでくれなくなり
(一昨日まで深くくわえてくれてこくこく言うのが聞こえていたけど、昨日から聞こえなくなった。途中で自分で浅飲みに変えてしまい、それと飲みながら口からだらだらこぼす)
しかも乳首を離すと泣く状態になってしまい、どうしたらいいかわからなくなりました。
母乳を飲んだら、苦しそうに全身をそらせてうなりだすし・・・

区の保健師さんと、生まれた病院の保健師さんに電話をしたら
「急に母乳が出だしたからむせてるんじゃない?」
「おっぱい飲ませすぎ。たまにはあやしたりして泣き止ませなさい。」
昨日はお利口に寝てくれていたのに、今日は寝てくれないというと、
「ミルク飲み人形じゃないんだから、日によって違うわよ。」
と言われ、でもどうやってあやしていいか分からず、スリングに入れてみたら2時間くらい寝てくれたけど、出したらさっきよりもひどく泣き出す始末。

とうとう地域の小児医療相談センターに電話をかけようとした時、オットが帰って来ました。

「もうダメ、限界。」
私が何をしても泣き止まないことと、病院で言われたことを話すと
「じゃあ見ててあげるよ。」
とビールを飲みながら子供をあやしてくれたので、その間に筑前煮を作ることができました!
作り終わった頃、あやしても泣き止まなくなったので、乳をあげましたが
やっぱり同じような状態。
「こんな感じに吐くんだよ。どうしたらいい?何でかなあ?」
「なっちゃん、お乳が出だしてるんじゃない?搾ってみたら?」
と言われたので、搾乳。でもそんなに出ない。

そのうちまたケーくんがひどく泣き出したので、おむつを見ても異常なし。
「お腹空いてるっぽいよ。ミルクあげてみたら?」
「だって、飲ませすぎって言われたもん。あんまり飲ませると吐くって。」
「大丈夫だよ。ミルクの缶には1/2ヶ月で1回に80mlまでいいって書いてあるよ。」
「もうどうしたらいいかわからない。」
するとオットが20mlミルクを作り、飲ませてくれました。が、まだ欲しそう。
「まだ欲しそうだからもう一回あげてみる。」
今度は40ml。だいぶおとなしくなりました。
でもまだ口をチュパチュパ言わせています。
「おっぱい吸わせてみる?」
言われて吸わせましたが、やっぱり喉は動かないし、浅飲みは変わりません。
「もう1回作ってみる。」
また40ml作り、飲ませたところ、途中で飲みが止まり、眠りだしました。
「全部飲ませなくてもいいんじゃない?」
私が言うとオットは「じゃあ寝かしつけて来よう。」と寝室にケーくんを連れて行きましたが
またぐずりだしたらしくすぐ戻ってきました。
私はもう放棄状態で、洗い物などをしていましたが
オットが「もう今日は俺が見るから、なっちゃん寝て来なよ。」
と言うので、
「だって寝られないよ。」
と言いましたが、結局お任せして寝てしまいました。

2時間後。
ケーくんの泣き声で目を覚まし、居間に行くと、オットがおむつを替えていました。
「今大量にウンチをしたからおむつ換えた。」
「ありがとう。代わるよ?」
「いいよ。なっちゃんもう一度寝て来なさい。」

お言葉に甘えて寝室に戻り、もう一度泣き声に目を覚ますと5時半でした。居間に行くと、
「どう?」
「結局あれからまたミルクあげたら今まで寝ていたよ。」
「そう。。。」
「ミルク作る?どうする?」
「とりあえずお乳あげてみる。」
そうすると、何とケーくんは数日前と同じように飲んでくれました。
「何とか行けそうだから、もう寝ていいよ。」
と夫に言うと、ようやく「じゃあ」といって寝室に引き上げていきました。
ミルクも40ml作りましたが、結局飲まずに寝てしまったので
寝室に連れて行ったら、そのまま朝まで寝ていました。

今朝、お味噌汁を作りオットと朝食を食べました。
「昨日は結局ミルクを飲ませたらずっと寝てたよ。」
「お腹空いてたってことなのかな?」
「そうかも。」
「お乳出てるのに飲んでくれない・・・なんか否定されたみたい。」
「そういうふうにこだわらない方がいいよ。足りなければミルク足せばいいんだし。
新生児は満腹中枢ないって言うけど、あるんじゃないかな?
お腹いっぱいだったら機嫌よくしてるし。」
何でこんなに優しいのかな。それに比べてダメな自分がふがいない。
「正幸ぽん、ありがとうね。」
「なっちゃんだって大変だし。」
「ううん。だってしょうがないから。」
「そのうち慣れて来たら楽になるよ。」
「そうかな・・・」

でもおかげでその後の授乳は幾分ゆったりした気持ちでできました。
(やっぱりちゃんと飲んでくれなかったけど)
スリングに入れたら、ミルク足さなくても眠ってくれたので今ネットしています。

寝顔を見ていたら、妹が言っていた言葉を思い出しました。
「新生児期は今しかないけんね。大変だったけど今はもう一度戻りたいと思うよ。だっていつかは終わることが分かっているから。」
この子にとっても私にとっても、今日という日は1日しかなくて、
この子はこの1日ですごく成長しているんだな、きっと。
なのに私は時間が早く過ぎることしか考えていない。
と思って申し訳なくなりました。

大変なだけに思えても、今日という1日を大事にしよう。
そう思うと、少しだけ勇気がわいてきました。

オットは寝不足だったことでしょう。
ほんとうに、ありがとう。
そしてごめんね。

うむー?

何だかここ数日オットがすごく優しいです。
どうした風の吹き回し?何か後ろめたいことでも??いえいえ冗談(笑)
今朝なんか
「なっちゃん、いつもご飯とお弁当作ってくれてありがとう。
ほんとだったら実家で上げ膳据え膳の生活をしているはずなのにね。
なっちゃんがいなくなったら僕は生きていけないよ。」
なんて言ってました。

最近お料理を頑張っているからだろうか・・・

いちおー私も嬉しいのは嬉しいので、
「ううん、これくらいのことしかできないから。」
とか
「まさゆきぽんこそ、いつも働いてくれてありがとう。」
とか言ってますが、
オットが今仕事大変ということは知っているし
一方私は仕事辞めて毎日家でゴロゴロしている生活なので
結構本気で申し訳ないなあと思っていたりします。

まあそうは言っても出産という命がけの仕事を控えてるんだから
今くらいぐうたらしたっていいんだよと周りからは言われてるんですが・・・

でも感謝の気持ちを持つことは大事ですよね。うん。

聞き流す

昨日4時間も昼寝しちゃったので、眠れない!!
なので、開き直って起きちゃいました。

聞いた話によると、いよいよお産が近づいてくると
来るべき夜中の授乳に備えて
まとまった時間寝れなくなるらしいです。

んー、確かに・・・でもトイレが近いせいもある気がするけど・・・
(圧迫されるのでどうしてもそうなるらしい)

とはいえ、昼間寝なかったら
入眠時と同じ姿勢で朝目覚めて自分でもびっくりしたりすることもあるほど
寝付きがいいので、あんまり関係ないかなあと。

今日は愚痴モードなので、読みたくない方は読み飛ばされた方がいいかも。

そんで、うちのオットは普段から寝付きが悪いです。
眠りも浅いです。
最近はだいぶ慣れましたが、最初は戸惑いました。
だって、寝てると思ってたらいきなり普通に話しかけて来たりするんです。
新婚当初は私もペースが掴めず、白熱してしまって
あたりが薄明るくなるまでしゃべってたり。
まあ私が仕事始めてからはそんなこともなくなりましたけど。
でも私が寝た後(私は数秒で眠りにつけるという特技を持っています)
オットは眠れないということがよくあるらしく、
あとで嫌味っぽく「なっちゃんはいいよねー」と言われたりしますが。

昨日もそういう感じで、ここんとこずーっとオットは寝不足だったので
23時頃には布団に入ったのですが
3時頃に目が覚めてしまったらしく
「なっちゃんは里帰りできないから、産後の生活はどうしたらいいかねー。俺もいつも早く帰って来れるわけじゃないし。」
と話しかけてきました。

うーん、私は最初なのでよく分からないけど、聞いた話によると
産後は最低でも1ヶ月身体を休めないと、後々まで出血が止まらなかったり
頭痛持ちになったりするらしいから、そうできるような環境を整えないとね?
私の母親を呼ぶとか、あなたのお母さんを呼ぶとか、シッターさんを頼むとか。

という感じで説明したんですが、
そっかー。と聞いていたかと思っていたオットが、いきなり
「でも老後は子供に面倒を見てもらわないようにしようとか言ってるのに、
(うちはそういう方針です)
こういう時だけ自分の親をあてにするのも何だし
できれば二人だけで乗り切る努力をしたいよね。」
と言い出しました。
雲行きが怪しいよ?(笑)

なので、
産後すぐ一番困るのはたぶん買い物。
あとは洗濯、掃除だけど、これはまあ週末にでもオットにお願いするとして
新生児を連れてスーパーとか行けないし。
と言うと、
「生協とか、週末まとめ買いとかで対処しましょうよ。」
と言うわけです。
実は、1週間分のメニューを考えるのは私にとってかなり苦痛。
レパートリーもないし、日によって、食べたいものが変わっちゃうのです。
だから、1日分の食材配達サービスを利用するとか
(お仕着せなら開き直って食べるだろうから)、
どうせ1週間か1ヶ月くらいのことなので、親の力を借りようよ
あなたのお母さんとはあんまり話してないので分からないけど、
少なくともうちの母親はものすごく心配してる。
という話をしました。

すると、
「なっちゃんの生まれた時お母さんはどうしてたの?」
と聞かれました。
「うちのお母さんは里帰りしなかったよ。
おばあちゃんがお店(薬屋だったのです)休んで、お母さんの妹と一緒に手伝いに来た。」
と言いました。
「じゃあお義母さんの妹さんは?なっちゃんまだ小さいし、お義母さん手伝いに行けなかったでしょ?」
「うーん、そこまで聞いてないから分かんない。でも私を近所の人に預けて、手伝いに行ったこともあるみたいだよ。」
何が言いたいの?と思いつつも、会話をしてましたが
らちがあかないと思い、
「まあ何とかなるよ。一生続くわけじゃないし。」
と強引に終わらせようとしました。

すると突然
「食材配達サービスはねー。
美味しくないし、そもそも1食5品以上食べないと
産後の肥立ちにも良くないんじゃない?」
と言い出しました。

何を言ってるんでしょう、この人は?
私に作れというのでしょうか?
そっちの方が産後の肥立ちに良くないと思うし。(笑)
今でも1食3品作るだけでもかなりの労力なのに・・・
(ほら、メニュー考えるのがすごく苦痛だから)

それよりなにより、私が「あー」と思ったのは
「5品以上」というフレーズだったのです。
というのは、(もういい加減皆様も聞き飽きてると思うけど)
それって、元カノの話につながるから。

今でこそもうしませんが(私がしつこく蒸し返したから)、新婚当初は
オットの会話には元カノがそりゃあしょっちゅう登場してました。
日常会話の一部という感じで、最低1日1回は出て来てましたね。
その中に、
「元カノは(結婚してたから)お姑さんに
『毎日1食で5品以上作れ。』と言われてたらしいよ。」
という話があったのです。
「へえー、それで、その人は作ってたの?」と聞いたら
「作ってたんじゃない?」というお答えでした。
それで「それって私も5品作って欲しいってこと?」
って聞いたら、「いや、無理はしなくていいよ。」と言う。
でも、たまに5品以上あったりすると
「今日は5品あるね!」
と言われたりするので、
やっぱり5品食べたいのかなあ、でも3品で精一杯ですよ・・・
と思っていたわけです。

そこに持って来て「5品食べなくちゃいけないらしいから」発言ですよー。
ていうか、「らしい」っていうのがそもそも疑問だよね。
そんな話聞いたことないし。「1日30品目」は聞いたことあるけど。
ていうか、それって元カノさんも、単に愚痴っただけだったのでは?
それとももしかして「だから私は1食5品作ってるのよ。」っていう自慢だったの?
で、それをあなたはほいほい信じ込んで、私に見習えって?
そもそもあなたってそうよね。私が何言っても信じないくせに
そうやって元カノの言ったことは特に疑いもせずに信じ込んで。
「若い頃に付き合ったからどうしても影響受けちゃったんだ。すごい好きだったし。」
と言うけど、今でもネットの情報は信用するじゃない。
私の話だから信用しないんでしょ。

と、思考は果てしなく悪い方へ・・・
で、ますます眠れなくなっちゃったわけです。

自分でも分かっているんですよ、こんな考え方よくないって。
聞き流せばいいんだって。
まして、今は腹に大事な子を抱えている身なんだから、
何を言われようと、深く考えないで、自分のしたいようにすればいいんだって。

多分これは私自身に問題があるんだなー。
根深いコンプレックスとかさ。

だって同じ話聞いても、すぐ忘れてしまう人だっているし
実際私も元彼から元カノの話されたことあるけど、すぐ忘れてたもの。

でも、それはその後のフォローがあったからだよね、と考えてしまう自分がいます。
そういやそれがない奴とは大体すぐにうまく行かなくなって速攻別れてたもんね。
だけど、オットとは結婚しちゃったから別れられない。
結婚前には分からなかったし(スピード結婚でしたからね・・・)。

だからフォローして欲しいって、言えばいいのかな。
言ったことある気もするけど、言わなかった気もする・・・
大体「じゃあその人と結婚すれば良かったじゃない!」ってキレるか
「私のことその人より愛してないのね。」って泣くか
「所詮私じゃダメなんだ」って落ち込んで外に出て行くか
どれかだった気がするなー。

でも言えないかも。
拒絶された経験があるから。
「背を向けて寝られると悲しい」
「思ったことを言ってくれないと淋しい」
「もっと褒めて欲しい」
「もっと私の意見を聞いて欲しい」
そういうことを言うと、その都度
「それはこれこれこういう理由でできない」とか
「大事に思ってるよ」とか
「言われて無理にするのはイヤだ」とか
言われて来た気がする。
言い過ぎると、逆切れしてしまうことも。

素直に「分かった、努力するよ」と言えない性格だってことも知ってる。
そうは言いつつ、本当はちょっとずつ努力してくれていることも知ってる。

何よりも、こんなに気にしすぎる自分に問題があるんだと思う。
カウンセリングでも受けて、自分で解決すればいいのだ。
相手に依存したってろくなことはない。

わかってるんだけどなー。

結局、自分の考え方次第なんですよね。

こんなことで、ちゃんと子育てできるんだろうか・・・心配です。
いつも穏やかな気分でいたいのにー。

ああ、またしゃっくり始めちゃったよ、ごめんね。>中の人
プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。