よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあるなあ。

ケーくん、発病から1週間経ってだいぶ病状も落ち着いてきました。
とはいえ、まだ咳も鼻水もあるし、夜になると37度代後半まで熱が上がってくる状態です。
なんでこんなに長引くんだろう~と思いますが、最初に受診した時白血球が3万くらいあり、端的に言えばこじらせちゃったのが原因だとは思いますが・・・
(その後白血球数は落ち着きました)

でもほんと、今度という今度はこりごりしたと言うか、もう保育園預けるのやめようかな?と真剣に思いました。
保育園に行き始めるまではすごく丈夫で、風邪引いたとしてもせいぜい鼻水くらいで、寝込んだりするようなこともなかったのに、
風邪を引くようになってからは、安静にと言われているので連れ出すこともできないし、添い乳でずっと寝かせているので私自身も何もできないし(トイレも、お風呂も、ご飯も泣かせながら・・・)、そんな状態で、熱の下がらないケーくんとずっと一緒にいると、ほんと、大げさかもしれないけど暗黒の中にいるような気分になってしまいました。

どうしても預けなきゃいけない事情がある人から見たらふざけてる!と怒られちゃうかもしれないけど、
私は週3回だし、自分のやりたいことをするために預けているんだし、ファミリーサポートやベビーシッターをうまくやりくりしながら使えば保育園に行かせなくてもやっていけないこともないな~と思い始め、やっぱり冬に預け始めたのが無茶だったんだろうか、まだ保育園に行かせるのは早かったんだろうかとかいろいろ悩んでました。

それで、オットに相談して、今月末オット実家に帰省することも考えて、体調を万全にしておきたいので、今月は保育園に行かせないで、ベビーシッターとかに頼もうかと思うんだけどどうしよう?と聞いてみました。
オットの返事は「任せるよ。」ということでした。
なので、ファミリーサポートセンターに電話して、近所で預かってくれる人を捜してもらい、保育園に電話して、今月は保育園はお休みさせようかと思うということと、今月になって1回も登園してないので、保育料を返してもらえないだろうかということを相談してみました。

すると保育料については無理だとのことだったんですが(そうだよね~TT)
今のケーくんの状態を聞かれ、上のようなことをつらつらと話していると
「うーんでも、聞いた限りでは来てもらっても大丈夫な感じがしますけどね~。」
と言われました。
「赤ちゃんは平熱高いから、37度台でも皆さん普通に預けられてますし、
鼻水や咳なんかも、冬中ずっと続いてるのとか普通ですよ。
そうやってみんな免疫つけて強くなっていくんですし。
それよりも、ケーくん自身がようやく保育園に慣れてきて、みんなとも
遊べるようになってたし、離乳食もよく食べてましたし、
せっかく生活リズムが整ってきた感じだったから、今辞めさせるのは
もったいない感じがしますけどね~。」
と言われました。

それを聞いて、「そうかそういう考え方もありなのか!」と思いました。
まあ、見方によっては保育園としては辞められると収入が減るから
そう言ったのかもしれないけど、今まで私も周りも(例えば母とか特に)
「保育園に行かせるなんてかわいそう。病気をもらってくるだけ。
家にいれば病気もしないし、ケーくんも寂しい思いをしなくてすむのに。」
って見方しかしてなくて、ああ、そうだよね家で見れないこともないよね、
私の我慢が足りないのかなあなんて思っていたんですが、
そう言われて、保育園に通うことでケーくんにもメリットがあるんだ
と初めて考えることができ、だいぶ楽な気持ちになれたのです。

なので、まあ明日で薬も切れるので、病院に行って保育園登園可能か
どうかを聞いてみて、それで大丈夫そうだったらまた行かせようかなあ
という気持ちになりました。
幸い今は保育園で流行っている病気はないらしいですし、まあ病み上がりなので
最初は3時間とかでお迎えに行って、徐々に慣らしていくって感じで
様子を見ようかなあという話をし、電話を切りました。

いやほんと、いろいろな考え方があるんだなあと思いました。
これからもこんな感じで壁にぶつかるたびに、悩んだり迷ったりして
いろんな人の意見を聞いて、はっとしたり、納得したりしながら
進んでいくんだろうなあと思います。
スポンサーサイト

熱・再び

ケーくん、昨日から再び発熱いたしました。
先週一週間保育園に元気に通っていたし、週末も家でおとなしくしていたのに、
いったいどこでもらってきたのでしょう;;
前回と違い、今回はぐったりしているし機嫌も最悪。
熱も下がったり上がったりで良くなる兆しが見えません・・・

そして昨夜は、ついに熱性けいれんを初体験してしまいました。
21時くらいに寝かしつけを開始しましたが、苦しいのか寒気がするのか
うとうとしてもすぐにビクッ!として号泣しながら起きる、の繰り返しで、
そろそろママもグロッキー・・・と思いつつホメオパシーで対処していました。
すると、3時半頃添い乳していたケーくんがいきなり
「うおーっ!」
とすごい声を出したかと思うと、全身がびくびくとけいれんし始めました。
目は空ろであらぬ方を向いていて、すごい勢いで歯を食いしばっているので
歯ぎしりが聞こえてきます。
あ、これが話に聞くけいれんか、と思った私は「どうしたの?」と起きてきたオットに
「時間見て、けいれんみたい。」
と言いました。
5~6分ほど続いたでしょうか、こわばっていたケーくんの顔がようやく元に戻ってきましたが
まだ泣く元気もなくぼーっとしています。
ウンチしていたのでおむつを取り替えて、抱っこしておっぱいを飲ませると
ようやく眠ってくれました。
怖かった・・・おかげで昨夜はほとんど眠れませんでした。

今朝になって病院に連れて行くと、採血されましたが
特にひどい感染などは起こしていないとのこと。
けいれんの話もしましたが、呼吸していたことを伝えると
「それはけいれんじゃないかもしれませんね。」
と言われました。
で、今夜もまた起きるかもしれないから
とにかく安静にすることと、テレビは見せないことをいわれました。
髄膜炎とかも怖いので、様子が変だったらすぐに診察してください
と言われました。

うーん、これが今夜も続くとなると、体力が心配だぁ・・・
(私もケーくんもね)
オットも、ほとんど寝ていないはずです。
どうなってしまうのでしょう・・・

何でもいいから、早く治れーっ!

ケーくん、下の前歯2本に続き、上の前歯が生えてきました。
が・・・!?
なぜか、大人でいうところの「糸切り歯」、
犬歯2本から、生えてきました。

なんだかドラキュラみたい・・・

続いて顔を出したのはまたしても上の前歯。
幸い、真ん中の歯でした。でも片っぽだけ。

赤ちゃんの歯の生え方って、面白いですねえ~。

それに伴い、私もやられました!乳首噛み。
ひどい時は、歯を立てた状態で口を離すので、声にならないほどの激痛・・・
お手柔らかに願いますよ~(TT)

歯の写真は撮れませんでした
Image161.jpg

母に来てもらいました。

ケーくん、お熱は下がったんですが、何となくまだ本調子じゃないので
母に来てもらいました。
ていうか、私は保育園に預ける気だったんだけど
母が
「ケーちゃんかわいそうに!!!」
と言って、明日点滴なのに来てくれたのです。ありがとう母。
ケーくんは、母が大好きなのでキャッキャ言って喜んでました。
でも、オットが今日から金曜までマレーシア出張なのです。
なので、明日と明後日はケーくんと二人きりでお留守番なのです。
あ、明後日は保育園に行くけどね。

最近オットとの会話がないです・・・
うちだけ??
あ、会話自体はあるのですが、ほとんど子供の話。ていうか全部といってもいいくらい。
後は、テレビを見ていて、オットが評論するのを拝聴するくらいですかねえ。
(口を挟んでも無視されるので)
確か結婚する時オットに言われたのは、
「ちゃんと話ができる人だと思ったから結婚した」
というようなことだったと記憶してるんですが、記憶違いかしら?
ちゃんと話がしたくても、できないんですけど・・・
というのも、家にいる時はオットはパソコンに向かってるかテレビを見てるか、ケーくんをあやしているだけ。
あ、家事もしてくれますよ。茶碗洗いとゴミ集めとゴミ捨て・・・
私はオットが家にいる時は、ここぞとばかりたまった家事をすませていて、座っている暇がありません。
これじゃ会話もできないよね。
結婚当初のときめきはどこへやら・・・(私の一方的な思いでしたが)
と、思うけど、それでもいいか~と思っている自分がいます。
困った困った。

熱・下がる

ケーくんの熱がようやく下がりました。
くしゃみをすると緑色の鼻水(お食事中の方ごめんなさい・・・)が出るし、
咳をするとゼロゼロ言ってますが、ひとまず安心。
ところが、抗生物質が合わなかったのか、今度は激しい下痢。
整腸剤をもらいましたが、飲ませる薬が増えたので一苦労。その中の一つなんか、
授乳のたびにあげてくださいって、めちゃめちゃいい加減にあげてるのに
(散歩から帰ったらおっぱい、電話するときにぐずったらおっぱい、昼寝させるのもおっぱい、
薬の後の口直しにおっぱい、離乳食におっぱい、暇つぶしにおっぱい、などなど・・・)
無理やろ~~~。仕方ないので(=めんどくさいので)、あげる回数を減らしてたら
おっぱいしこってきましたよ!どうするすなみ!明日の桶谷もキャンセルしたのに~~。
(桶谷、結局すごく乳の出がよくなったので、いやいやながらも通ってます。
が、かなり有名な先生なので、予約しようとしたら2週間先とかになっちゃうのです)
早くお薬あげるのやめたいなあ。

ご存知の方いらっしゃるかどうかわかりませんが、私以前から
「ホメオパシー」というのをちょこっとだけやっておりました。
体調が悪かったり怪我したりしたときに、その症状に見合った「レメディ」という
3ミリくらいの砂糖玉をなめるのです。すると、あら不思議!!症状がぴたりと治まるのです。
てな感じにうまくいくことはなかなかありませんが、まあ、基本的にはそんな使い方をします。

難しく説明をすると長くなるので簡単に話しますが、「ホメオパシー」というのは
「同種療法」と言われ、例えば熱があるときに暖めたりするのと同じように
ある症状を持つ人に対して、健康な人が摂取すると同様の症状を引き起こす物質を与えることによってその症状を治そうという考え方の治療法らしいです。
それに対して西洋の医学は「アロパシー」と言われ、例えば熱があったら冷やすとか、鼻水が出てたら止めるとか、そういう対処になるんですが
ホメオパシーではそれとは逆に、人間の持つ本来の自然治癒力を引き出し
ひいては薬などに頼らずに自分の健康を守れるようになりましょう。という考え方みたいです。

なので頭が痛かったら頭痛を引き起こす物質を何十万倍に薄めた溶液を浸したレメディを与え、
(何十万倍に薄めているので毒性はないけれども、その物質の情報は残っていて
それが効力を発揮するらしいです)
鼻水が出たら、鼻水が出る物質を(以下同文)というふうに使うのですが、
なんせ、その元になっている物質が何百種類もあるものですから
素人にはなかなか正しいレメディを選ぶことができません。
というわけで、何種類も試して、結局症状は軽減しないということがありがちです。
なので最近は、めんどくさくて市販の薬に頼っちゃってました。
ほんとはちゃんと勉強すればいいんだろうけどね。

が、今回のようにケーくんが風邪を引いて
何種類もの薬を虐待さながらに飲ませて
新たな症状が出たら、また新しい薬を飲ませて・・・
っていうのはさすがにつらかったです。

ただでさえ、保育園に行き始めはどんどん新しい病気をもらってくると言われているのに
こんなのが続いたら私もダウンしちゃうな、とつくづく思いました。

それで久しぶりにホメオパシーのことを思い出し、
福岡支部に電話してみました。
ホメオパシーは、専門の勉強をする学校がちゃんとあって
そこで勉強して、人に対してホメオパシーで治療する資格を持った
「ホメオパス」という人々がいます。
その人たちに相談すると、正しいレメディも選んでもらえます。
というわけで、今度、ケーくんの相談に行ってみようかなと思います。

ホメオパシーの相談というのは、面白くて、
お母さんのお腹の中にいたときから、これまでの人生に起こった出来事や
体質や嗜好(午前中体調が悪いとか、寒いのが苦手、甘いものが好きとか)まで話します。
そういうのもすべて、今の自分の体調に影響してくるらしいです。
あと、両親や兄弟との関係とかも聞かれます。
カウンセリングみたいなものですね。
もちろん、その内容によって、選ぶレメディが違ってくるのです。

なので、私は相談に通ってるときに結構洗いざらい話してすっきりしてました。
実際レメディももらって飲んでたのですが
それなりに効果もあった気がします。
ただ、お値段が少し張るんですよね・・・
なので通うのをやめちゃったというのもあるんですが(笑)
興味のある人は行ってみてもいいかもしれません。

そうそう、ホメオパスさんに聞いた面白い話を一つ。
スピード出産で生まれてきた人は、ジェットコースターとか
スピードの出る乗り物が苦手だそうです。
私がまさにそうなんで、へえー!って感心しました。

ケーくんもスピード出産だったので、どうかな~?楽しみです。
プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。