よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の気持ち。

先日、父から久しぶりに電話がありました。
私の両親は、6年前離婚していて
母は私のいる福岡に、父は東京にそれぞれ一人暮らしをしています。

結構暗い話題なので、続きに入れます~。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

両親が離婚した理由は、まあいろいろありますが
一番大きかったのは父が単身赴任になったことじゃないかなと思います。
それまでも仲のいい夫婦とは言えない二人でしたが
まあそれでもたまにはいい時もあり、どうにかこのまま老後まで行くのかなと
母も私も妹も思っていました。

ところが単身赴任になって、父は孤独だったのかもしれません。
家族とも行き違いが多くなり、そんな中、
母が信仰している宗教に私も入っていたことがばれてしまい
(私自身は入ったことすら忘れた状態だったんですが)
そこで行き違いは決定的になってしまいました。

そこから父と母の溝は埋められないほど広がってしまい、
最終的に、父は単身赴任先で知り合った人と(夫と、私と同い年の子供持ち)
付き合い始め、もめにもめた挙げ句に3年後離婚しました。

当時、私はどちらかというと父寄りの考えでした。
母の楽天的すぎるところや、後先考えないこと、反省しない性格などが
腹立たしく、苛立って仕方ありませんでした。
なので父にもよく愚痴っていました。
父はそんな私の態度を、たしなめるどころか
自分の味方だと喜んでいた節さえありました。

ところが、先日母のガンが再発したことが分かったのです。

母は父と離婚した後乳ガンになり、
(たぶん離婚のストレスが原因だと思います)
手術しましたが、その後肺に転移して、また手術をし、
今度が3回目の手術になるのです。

父からの電話の時、そのことを話したら、
「あの人には援助はできないけど、お前たちには必要な分援助する。」
と言われました。
いや、そうじゃなくて、仮にも長年暮らした相手なんだから
それなりの感慨とか、可哀想にという気持ちとかないわけ?と聞くと、
「それはないな。」
とあっさり言われました。

何と言うか、そのとき初めて気付いたんですが
私は子供を産んでから、母に対する気持ちが変化していたのです。
子供を産み育てるということに伴う痛みや苦しみを経験し、
それまでのような、母に対する反抗心というかうっとうしいという気持ちはなくなり
ただただ、よく育ててくれたなあと感謝する気持ちや
できるだけのことはお返ししたいなあという気持ちに変わっていたのです。

思えば、母はいろいろ欠点はあるけれども
私たちに対しては舐めるように慈しむように、
本当に愛情をたっぷりかけて育ててくれました。
私が同じようにできるかなあと思うと、自信ないです。

一方父は、愛情はかけてくれているのだろうけれども、どちらかというと
教え導くという感じで
手を上げられたことも一度や二度ではありません。

それは父親という役割上仕方ないのかもしれませんが
でも、その時父という人間がすごく遠いものに感じました。
同時に、でも父親って悲しいなあとも思いました。
母親のように、痛みを味わってないから、自分と子供が一心同体みたいな
共感を味わえることもないんだなと。

父の発した「援助」って言葉がものすごく空虚に感じました。
うん、ありがとう、お父さんも体に気をつけてね、
そう言って電話を切りましたが
もし母に何かがあってももう父には知らせまいと思いましたし
そして父の言葉も決して母には知らせまいと思いました。
(母は、おそらくまだ父に対して気持ちが残っているので)

夫婦って、長年暮らしても別れたらこんなもん?
私の中では、男の方が未練がましいという感覚があって
父の台詞にはかなりびっくりしたんですけど、
翌朝オットに父の言葉を伝えて、男の人ってそういうもの?って聞いたら
「未練を残して別れたんならまだしも、嫌で嫌でしょうがないって状態で感じで
別れたんだったら、それはあり得る。」
と言われました。

どうなんでしょうね・・・
夫婦って、家族って、そんなに簡単じゃないんじゃないかなあ、と
私は思いたいです。

母のガンはリンパ節に転移している可能性があるので
今月中に手術になりそうです。
その後、母には私たちの家に来てもらって
療養してもらおうと思っています。

オットにも、いろいろ負担をかけてしまって申し訳ないなあと思いますが
できるだけのことをしようとオットは言ってくれました。
こういう人と結婚してよかったなあと思いました。

いろいろ大変になるだろうけど、頑張るぞー!

暗い話題ですみません
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

すなみちゃん こんにちは☆
お母さん大変な手術になるんだね。すなみちゃんもケー君が小さいから大変なぁ。。。
無理せず旦那様と妹さんとで頑張ってください。
お父さんの事、実の娘だとなかなか冷静に見れないときってない?私はあったんだぁ。
数年前、私の両親も離婚の危機があって、イロイロあって・・・
その時、父も母も一人の人間で、家族だけど他人っていうか、男と女なんだなぁって。
子供との関係以外の関係っていうのかな?やっぱり昔恋人で一緒に家族になった他人っていうか。。。
なんていっていいのか分からないけど、娘息子にはなかなか理解しがたいよね。
悲しい、寂しい気持ちになるね・・・
書けば書くほど、伝えたいことと離れていくようなので、この辺にしておくね!
イヤな気持ちにさせてしまったらごめんなさい。
とにかく、お母さんの回復を祈ってます。
すなみちゃん、旦那様、ケー君も無理しないでね。

nanaママちゃん

コメントありがとう~♪
妹は、妹ダンナから母と会うのを禁じられているので
手伝ってもらえないのよ・・・TT
母も、ちょっと変わった性格なんでいろいろあってね。
妹は母のことは大好きなんだけど、助けられなくてつらいみたい。
その気持ちも分かるので無理強いはしないようにしてるよ~。

家庭って、まず夫婦がいい関係でいることが
最終的には子供にもいい影響を与えるような気がするな。
他人同士だからこそ、お互い思いやりを忘れず
いつまでも仲良くいられるよう努力が必要なのかなと思うよ。
イヤな気持ちなんてとんでもない!暗い話題にコメントもらえてうれしかったよ^^
これからもよろしくね~。

はじめまして、ゆきさんのところからきました。
私の母は長いこと欝を患っていて、
子育てしながら病気の人のお世話
大変なの本当にわかります
今年妹が結婚して
名古屋に行く予定なので
必然手が減ってしまいます。

父親は遊び人(いいかたふるいね)なので
優しい言葉をかけるでもなく
なにかを手伝ってくれるでもなく、
母の調子が悪くてもお構いなし。

そんなに家族って簡単じゃないだろう
もう少し何かないの?とは思うけれど
父とは「ギャップを感じます

夫婦って・・・。ってよく考えます。
長女は何かと大変ですよね。
夫婦がいい関係でいることは
本当に子供にとって大切なことですよね。
まずいな、わがやはあんまり最近
意思の疎通がないです。
気をつけなくっちゃ。

かのんさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

どこの家庭にも何かしらあるんですね。
鬱は、大変ですよね・・・
言葉一つにも気をつけなきゃだし。
無理しすぎないようにしてくださいね。

家族の中での父親の立場って難しいのかもしれませんね。
自然な父性本能を持ってる人ならいいけど
女の人は、子供を産むことで大体は自然に母親になれるけど
昔みたいに「男は一家の大黒柱」的感覚もない今、
どういう立ち位置にいればいいか分からない人もいるんじゃないかな。

って、コメントの趣旨から外れちゃってごめんなさい・・・
だから夫婦の対話が必要なのかもしれないですね。
うちも最近の会話は子供のことばっかりです(苦笑)。
たまには子供預けてデートでもしてみようかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんと、難しいですよね・・。夫婦であるけれど、男と女でもあるし、母と父でもある・・。
私も実母とあまりうまくいってなかった時期もあったりして、すなみさんの
「何と言うか、そのとき初めて気付いたんですが
私は子供を産んでから、母に対する気持ちが変化していたのです。
子供を産み育てるということに伴う痛みや苦しみを経験し、
それまでのような、母に対する反抗心というかうっとうしいという気持ちはなくなり
ただただ、よく育ててくれたなあと感謝する気持ちや
できるだけのことはお返ししたいなあという気持ちに変わっていたのです。」
っていうところに本当に共感できます。やっぱり母になってみないと分からないことってたくさんあるし、ここまで育ててくれたことだけでも感謝しなければいけないんですよね・・。
確かに父親は自分で産んだわけではないので、子供との関係が密ではない部分もあるのかもしれません。でも、すなみさんの旦那様なら、きっと一生素敵なおとうさんでいてくれそうですね。うまくいえなくてすみません・・。

ゆきさん

コメントありがとうございます~。
そうそう、私ほんとは実母に対してわだかまりがけっこうあったんですよ。でもいつの間にか、というか子供を産んで育てているうちに気持ちが変わっていて、自分でもびっくりしたんです。
うちのオットは、どうか分かんないですね~。でもパパっ子になるように仕向けていきたいと思います。ちなみにただいま添い寝してもらい中^^

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。