よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産記録(2)

長くなっちゃった・・・というよりケーくんが起きちゃって続きがかけませんでした^^;
痛々しい文章ですが続きを書きます~。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

このまま痛みが強くなることなく治まってしまうのか・・・と思いつつ
21時頃、個室のベッドにて就寝。
オットも産院に泊まり込んでくれることになり、申し訳ないなあという気持ち。

12時頃、激痛で目が覚めました。
時計を見ると、ちょうど5分おき。
ええ?強まってる?と思い、看護師さんに
「痛みが強まったら呼んでくださいね~。」
と言われていたので、ナースコール。
しばらくしてから看護師さんが来て、子宮口の状態を見てくれたのですが
「まだっぽいですね~。」
と言われ、出血があったら呼んでくださいと言って部屋を出て行かれちゃいました。
ええ~?と思いつつ、しばらく痛みに耐えていると
何かが流れ出す感じが・・・
再度看護師さんを呼ぶと、ようやく
「じゃあ陣痛室に移動しましょう。」
と言ってもらえましたが、その時には既に歩ける状態になく。
「車いす持ってきましょうか?」
と言われましたが、待ってる方がつらい、と思い
「いえ、歩きます。」
と言って痛みの合間に二、三歩歩き、痛みが来たらうずくまって・・・を繰り返しつつ
やっとのことで陣痛室にたどり着きました。
それが2時頃だったかな。
子宮口の状態を見てもらうと、既に全開。
すぐに分娩室に移動になり・・・と行きたいところでしたが、どうも
準備が間に合ってなかったらしく、隣で(陣痛室と分娩室は隣り合わせなのです)
何やら準備しているようです。
その間、私は必死でいきみ逃しをしていました。
ようやく分娩台に上がり、教えられた呼吸法をやっていると、唇が痺れる感覚・・・
助産師さんに「そうじゃないよ、もっとゆっくり呼吸して。」と言われましたが
ゆっくりやってたら力が入っちゃう!
「いきんじゃいます~。」
と言うと、「もういきんでいいよ。」と言われ、あれ?そうなの?と拍子抜け。
「もっと力を入れて!思いっきりいきんでいいから!」
と言われましたが、何だか切れちゃいそうで恐くていきめない・・・
「切れちゃいそうです~。」
と言うと、「ちゃんと押さえてるから大丈夫!」と言われ
早く楽になりたい!という一心で一生懸命力を入れました。
「もう頭が見えてるよ~。」という声に
「えっ、もう?あーでもまだかかるんだろうな・・・」と思いつつ
さらに力を入れ続けていると、
「力抜いて、早く息をして赤ちゃんに酸素を送ってあげて!」
と言われたので、そのとおりにすると
びくびくびくっ、と何か動く物が出て行く感じがして
おぎゃー!という声が聞こえました。
(生々しい表現ですみません・・・)

「やっと産まれたぁ~!」
という安堵感で、痛みも忘れてしまうほどでした。
それと、ちゃんと産まれた赤ちゃんが元気よく泣いてくれたこと。
信じられないような、ホッとしたような、あの気持ちは一言では言い表せません。

オットはずっと枕元で手を握ってくれていました。
産まれた赤ちゃんは私の胸元に乗せられると、すぐにちゅっちゅっとお乳を吸い始めました。
まだ白い胎脂がついたままでべとべとでしたが、元気に動いています。
「よく頑張ったねえ~。」
と声をかけながら、胸が熱くなりました。

胎盤がはがれなくて大変だったという話を聞いたことがあるので、
ドキドキしながら「早く出して~~」と思っていました。
無事胎盤は摘出され、臍帯血を取るために持って行かれました。
それからの縫合が長かったんですけどね・・・
1時間ぐらい分娩台にいたかと思います。(腰が痛かった)
その夜は、興奮で眠れませんでした。

でも、切開をしなかったので出血も少なく、初産とは思えないくらい軽いお産だったと言われました。
トコちゃんベルトが効いたのか?
まあ妊娠中は7ヶ月頃からずっと早産傾向だから安静と言われていて、
9ヶ月の頃には「赤ちゃん完全に頭が骨盤に入っちゃってるよ。」と言われていたので
「頭が下がって来ない」という状況にならずに済んだのが、その原因かもしれません。

でも本当に無事で産まれて来てよかった。
そして、今日まで病気らしい病気もせず、元気に育って来てくれたこと、
それがなによりうれしいことです。

長くなりましたが、読んでくださった方どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

改めて、ケーくんお誕生おめでと~!すなみちゃん、すっごくがんばったんだね~。えらい!
なんかすごくリアルな文章だったので、自分のときを思い出してちょっとどきどきしたり笑 
皆、あの壮絶な痛みをのりこえてきたんだもんね・・・。おかあちゃんはすごい!
ちなみに私は、全時間4時間弱のお産でした。早すぎて旦那が間に合わないかと思った・・。

ゆきちゃん

いやいや、頑張ったと言うか頑張らざるを得なかったと言うか・・・
ゆきちゃんも早かったんだ。うちら頑張ったよね~(笑)
出産は文字通り命がけだからね。世界中のすべてのお母さんを尊敬するね、ほんと。
でももし二人目ができることがあったら、正直、次は無痛分娩にしたい・・・^^;

すなみさん頑張ったねー!
分娩室まで歩くなんてエライ!私、車椅子持ってきてもらって、それに乗るまでと降りて台まで歩くのに泣き言言ってたよ^^;←根性なし笑
臍帯血取れたんだね。私も寄付申請してたんだけど、ちぃが思ったより小さくて、細すぎて取れないって謝られてしまいました。残念だけど、仕方ないね・・・。
感動のお産体験記、トラバありがとうね♪

たーらさん

いやいや、もう一刻も早く産んで楽になりたかったので
車椅子待つのももうイヤって感じだったんだよ・・・^^;
細くて取れないっていうのもあるんだ~。うちは臍帯血とるのにすごくお金かかるって聞いてたから躊躇したんだけど、病院の方から聞かれてタダだって言われたから提供したよ(笑)どっかで役に立つといいんだけど・・・

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。