よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おりょうり。

先日ゆきさんの記事にちょこっとコメントしましたが・・・

うちでは、日々のお料理にこの本がたいそう活躍しています。

51K2FF1QNTL._AA240_.jpg

「斉藤辰夫のおいしい和食コツのコツ。」

おいしい和食の大事典

「おいしい和食の大事典200」
(どちらも斉藤辰夫さん著)
きっかけは、今年の1月、「きょうの料理」で「おいしいお味噌汁」と「だしの取り方」についての回を見たことでした。
そのとき担当していたのが斉藤辰夫さんだったのです。

結婚してすぐ聞かされたのが、オットの持論「料理がうまければ男は家に帰って来る」でした。
何でも昔付き合っていた彼女が金沢の小料理屋の娘さんだったらしく、「ダシの取り方一つとっても素晴らしかった」「漬け物なんかぱぱっと作っちゃってね」など、いろいろな自慢話を聞かされたものです。
また、自分自身も居酒屋の調理場に入っていたので料理はできるというのが口癖で、キャベツの切り方など細かいことに口出ししてきました。(なら自分が作ってくれればいいのに・・・)
「魚さばけないの!?」と驚かれたこともあります(自分はさばけないんですが)。
オットとしてはそれを聞いて発奮してくれればという狙いもあったのかもしれませんが、当時の私はそれはそれは傷ついたものでした。
以前同棲していた彼氏にも「料理上手だね」と言われていたし、父も、母と離婚しているにもかかわらず「(お母さんの)料理は本当にうまかったなあ」と言っているくらいなので、少なからず料理はできると自負していたのに、オットは何を作っても「何これ?」「ちょっと甘いね。」「しょうゆかけてもいい?」「頑張ったね。」くらいしか言わない・・・
私は九州出身、オットは関東出身で味の好みが違うというのもあったのかもしれませんが、結婚して1年ちょっと、ほんと~うに悩みました。
なんせ、男の好きなものベスト5に入ると言っても過言ではない
カレー、ハンバーグ、オムライス、肉じゃがetc・・・を作っても喜ばないのですから、さあ困った!
私は次第に自信喪失していき、
「元カノさんがそんなに料理上手だったんなら、別れなければよかったやん(オットがふられたんですけどね)てことは、まだその人に未練あるのかなあ・・・」
「男は胃袋って言うんなら、私もいつかは捨てられるのかなあ・・・」
とまで考えて、もやもやもやもやしてました。

が、斉藤さんの本に出会ってからというもの、その悩みは消え去りました!いやまじで。
斉藤さんの本に載っているレシピ通りに作ると、十中八九「おいしいね」と言ってもらえるようになったのです。
斉藤さんの料理は、基本「だし」。
関西風の薄い味付けなんですが、だしがきいているので、どれも香り高く上品な味になります。
だしといっても、大鍋にお湯を沸かして昆布とかつお節をいれるだけで、作り置きしておけばラクラク。
おかげで、今では「下手な居酒屋なんかよりうちのご飯の方がいいね。」と言われるようになり、そしてついには「うちの実家よりもなっちゃんのご飯の方がうまい。」と言われるまでに!!
(それはそれで、プレッシャーでもあるんですが)

ちなみにうちでしょっちゅう登場するのは、肉じゃが、ひじきの煮物、切り干し大根、生姜焼き、鶏の照り焼き。
特に最初の3つは、ローテーションで作り置きしておけば、お弁当のおかずにも困りません。
ま、たまたまうちのオットには斉藤さんの味が好みに合っただけかもしれませんが、おかげでほんと助かりました。
よろしければ皆さんもお試しあれ。
(あ、もちろん今の時点で旦那様から「お料理上手」と言われてる奥さんには必要ないと思いますよん。
うちは、クックパッドでもケンタロウのご飯でも栗原はるみでも平野レミでもダメだったんで・・・)
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

えらいなぁ~

私なんか、まったくやる気ナシですよー
むしろ、チンネルさんが頑張ってますよー

チンネルさん

いいですよね~^^
うちは、オットが作ってくれてもめちゃめちゃ時間かかるし、あとの台所がすごいことになるし、今ひとつ私の口に会わないし・・・ってんでお願いするのもやめちゃってます。
やる気はなかったんだけど、見返してやる!って感じですね。もしかして、これもオットの思うツボ?

和食って

おいしく作るの難しいよね。
私、実は煮物が苦手なんです^^;いつも違う味になってしまうし、なんだか味がいまひとつしまらない感じで。。。
おススメの本見て練習してみようかな。子供の離乳食をとりわけするには、和食が一番だもんね。

たーらちゃん

煮物、私も作るたびに違う味になっちゃってた^^;
本見るようになってからは少しはマシだけどね。
そうそう、煮物作ると取り分けが楽なんよね。子供も、単品よりも大人用のおかずを取り分けて薄めたやつの方が、断然食いつきがいいよ!

お料理の味付けって難しいですよね。
うちは旦那が和食嫌いなので、あまり作らないのですが、これからはユウのためにも和食を増やしていきたいって思います。
この本を参考にさせてもらおうかなぁ。
うちの旦那も和食好きになってくれるといいのですが。

そうなんだ!

和食嫌いの男の人も、いるんですね~。
てことは、ちろるさんとこは洋食が多いのかな?
私は、どっちも好きなのでたまにはパスタとか
グラタンとかロールキャベツとか食べたいと思うんですが・・・
もうそういうのは外食でおいしいのを食べるって決めてます^^;

すなみさん、えらいっ
私が食べたいです。
私も料理本はだいぶ持っていますが
その方のは持ってないんで今度本屋さんで
探してみます。
私の愛用の本は簡単レシピとかのものが多いです(笑)
だしもインスタントで誤魔化してしまうこともありますし・・・
なにしろ時間がないので手抜きしつつゴージャスというのを
心がけております。
うちの場合はすなみさんちと違って何を出しても
「おいしい」らしいので、作り甲斐があるような
ないような・・・しかし最近太ってきたらしいので
それはそれでいいのかもしれません(笑)

もぐたんさん

いや~それはきっともぐたんさんの料理が上手なんですよ~。彼氏さんも幸せですよね!私も食べてみたいっす。
うちは彩りに関しては少々欠けてるんで(笑)。
だしもストックしておけるしやっぱ自分で取るとそれだけで味が全然違うので(特に和食では)オススメですよ!

よし!買うぞ!

あああああ、ありがとおお!!もうね、絶対買いますよ買いますよ!しかも旦那に買ってもらお爆
しかし、旦那さんのことば、耳が痛いぜ・・・。ほんと、「料理がうまいと帰ってくる」のかあ。ならうちはとっくに実家に帰られてるな、こりゃ。
いい本教えてくれてありがとね!

ゆきさん

いやいやほんと、「んなバカな~」って感じだから。オットの言葉なんて話半分に聞いといて。
うちもオットに買ってもらったよ。まあかなり使い倒してるんで「元は取れた」と思ってるやろうけどね・・・

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。