よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Destination

高校の時「遊佐未森」という歌手が好きで
よくその人の歌を聴いていました。(当時はテープで)

澄んだ高い声、独特の歌詞、少し変わったメロディ。
昔から、いわゆる流行の歌が苦手だった私は、彼女の他にはない歌声を聴きながら
空想に浸っていました。

何だか最近、妙にその人の歌が聴きたくて
15年以上前のテープを引っ張り出して聴いています。
一時期、昔のテープをばっさり捨ててしまったことがあったのですが
なぜか彼女のテープだけは捨てずにとっておいて良かったぁー。
「瞳水晶」「ハルモニオデオン」「空耳の丘」「HOPE」「モザイク」等々・・・
何だか心まで、その当時みたいに感じやすくなった気になります(笑)。
あの頃の純粋さは戻って来ようがないですけど(苦笑)。

あの頃は、恋愛とかにはあんまり興味がなくて、
(だって同年代の男子たちって皆汚いし、汗臭いし、Hなことしか考えてない!
って思ってたから 笑)
マンガとか小説とかを読んだり、自分でも書いたり、
好きな音楽を聴きながら一人で公園を散歩したり、季節の花の匂いを嗅いだり、
そういうことばっかりしてたなー。

大学に入ってからは、部活一色でこれまたほとんど若者らしい遊びってしなかったし・・・

だから、高校時代から恋愛にどっぷり浸かってた夫とかの話を聞くと、
ちょっとうらやましいというか、憎たらしいというか(笑)。

若かったからこそできた恋愛ってあるんだと思うんですよねー。

でもとにかく、あの当時は肉体関係なんて、
「汚らわしい!」(爆)
「結局みんな、私の外見しか見てないのよ!」
「男なんてみんな、やりたいだけなのよ!そんな人たちに身体を許すなんて、
私がもったいないわ。」(爆爆)
などと思って手に負えない状態でしたからねー。

実際2人くらいの男の人と付き合ったんですけど
いずれも3ヶ月ももたず、手をつないだだけで終わりましたわ。

なので、もしも私が娘を持ったりして
その子が中学生くらいで「ねえお母さん、彼との子供ができちゃったみたいなんだけど
どうしよう?」なんて相談して来たら、はり倒しそうで怖いです(苦笑)。

話はそれましたが、高校生当時私が一番好きだった遊佐未森の曲は
「瞳水晶」というアルバムに入っている「Destination」。
その中の、
「いつも同じと思った草たちも 毎年違う花をつけていた」
「人たちの群れは 朝に街に駅に 変わらぬ景色を作るのでしょう
いつか私が消えた後にも いつか私が消えた後にも」
という歌詞に「ああーほんとだなー。」と思って涙を浮かべたりしていました。

あの頃の私は、今では馬鹿げてるなあと思うけれど
少し憧れのような気持ちもあります。
かけらくらいは、今でも私のどこかに、残っているかな?
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。