よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらさがし

職場で、直属の上司にあたる人と「合わないんじゃないかなー」と思い出したのは、少し前のこと。

それまでは「気難しい人だなあ」くらいに思って
何を言われてもあまり深く考えていませんでした。

それに気づいたのは、私の他に補伽さんという女性が
上司の下についたときのこと。

補伽さんが言ったことには「はいはい、そういうことね。」とすぐ納得するのです。
私が同じことを言ったら、どこまでも追求してくるのに。

まあ、私のそれまでの態度にも問題があったんだと思います。

補伽さんはそれまで違う上司についていたのですが、
あまりにも仕事をしないため、その上司が管理してる先生に文句を言い、
それで「新年度で、鹿原さん一人じゃ大変だろうから」と私のいる部署に回されてきたのです。

私のいる部署は、その上司がとても細かい性格のため
「どこよりも大変」だと言われていました。
そこで、私はひーこらやっていたのですが
同じ部屋で違う部署を担当している補伽さんはいつものんびり遊んでいて、
(彼氏と四六時中メッセしたり、ネットサーフィンしたり)
「鹿原さん、何がそんなに大変なんですかぁ?」
と言われたりしてました。

それで、私もついつい彼女のペースに巻き込まれて
(これは言い訳ですけどね)
頼まれた仕事があっても、急ぎじゃない時は、つい後回しにして
補伽さんとおしゃべりに興じたりしてしまってたのです。

なので、上司には、私のほうが遊んでるように見えてたんだと思います。

補伽さんは、その上司の下に配属されたとたん
猛然と仕事をし始めました。
私がその上司の下で苦労しているのを見ていたため、
「この人は敵に回したらまずい」
と直感が働いたのでしょう。

実はその上司に管理者が補伽さんの配属の話をした時、
補伽さんの、目に余る勤務態度についても話したのです。
すると、上司は
「そんな風に見えないけどねえ。彼女は仕事も速いし。」
と言ったそうです。
配属後の彼女の態度は、それを裏付ける形となって、
補伽さんは上司の大のお気に入りとなりました。

そこで初めて私は、自分が今までその上司にあまり
よく思われていなかったことに気づいたのです・・・
(鈍すぎですね)

補伽さんはその後、体調不良を理由に1ヶ月もたたないうちに
辞めてしまいましたが、
本当の理由は「仕事がきつくなったから」だそうです。

でも、上司は補伽さんが辞めるのを淋しがって
送別会を開こうと言いました。
そしてその送別会の場で、私は上司から次のように言われたのです。
「鹿原さん、僕はね、僕が『○○はどうなった?』って聞いた時に
『あれはもう終わりました。』って答えが欲しいんだよ。
言われたことだけやってりゃいいんじゃ困るんだ。
次はどう動いたらいいか、自分で率先して考えて、僕らに提案して指示するくらいでいてくれなきゃ。」
私はその瞬間、酔いがさーっと醒めてしまう感じでした。

自慢じゃないですが、私は今までどこで働いた時も(もちろん正社員の時も)
「小屋川さんは、自分で考えて動いてくれるから助かるよ。」
と言われてきました。
が、それがいつの間にかできなくなっていた?
正直、パートだからという甘えもあったのかもしれません。
が、パートであるからこそ「私は自分で勝手に判断しちゃいけない。私にそこまでの権限はないんだから。」と思って仕事していたのも、事実なのです。

でも実は、今の職場でも、その上司以外の全ての人からは
「鹿原さんは良く動いてるよね。」
と言われていたりするのです。

だけど私の上司は彼。
その彼の評価が低い以上、私は「ちゃんと仕事できていない」ということになるのです。

正直、毎日7時過ぎまで残業しているのに、その言葉はこたえました・・・

だけど、家に帰って夫にそのことを話すと、
「そりゃ、誰だって率先して先に動いて欲しいって思うよ。
その人が言うことも当たり前じゃない?」
と言われてしまいました。
「考え方を変えなよ。これからは自分が好きに動いていいんだって思えば、前向きに仕事できるんじゃない?」
んー、そう言われればそう思えなくもないですが・・・

でも最近、やはり合わないだけなのかもしれない。と思うようになりました。
上司は、どうも私の「あらさがし」をしているような気がしてならないのです。
被害妄想といわれれば、それまでなんでしょうけど・・・
でも、私のミスを見つけた時のあのうれしそうな顔、
何度も何度もしつこく聞き返す言い方は、
なんか普通じゃありえない、なんて思ってしまいます。

こうやって、私は自分が成長する機会を失っているのかなあ。
と、反省はするのですが。

とりあえず、その上司と話す前と話した後に
極度につわりの症状が悪化するあたり、
体は正直だなあ(苦笑)と思わざるを得ません。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。