よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みどころ。

ケーくん、保育園に行きだして半月、すんでのところで熱を出さずに済んでます。
(37度2分とかになってるけど見ないふり)

保育園にもだいぶ慣れ、いろんなことを吸収しているようです。今週は、2日連続でお別れのとき泣かなかった!昨日なんて、お友達の顔を見てにっこりしてました。母は嬉しい。

ただ最近、保育園でさせてもらっているせいか、食べる時に自分でやりたがるのです。

スプーンを近づけようとすると、手で払いのけます。
スプーンを持たせてそれに食べ物を載せると口に運ぶのですが
載せた食べ物が落ちそうになったりしてスプーンを持った手を
「こうやるんだよ。」とこちらが触ったりすると
怒ってスプーンを投げ捨てます。

うまくいかなくて怒る時もあります。
お皿に入っているものを、ただ出して遊んでいるのか、すくおうと頑張っているのか判断が難しい時もあります。

オットは、ケーくんに自分で食べさせようと
一生懸命根気よく教えてくれます。
でもケーくんは、いろいろ指導されるのがイヤみたいで
キーってなって、最後には泣き出してしまいます。
そんなケーくんに、オットは
「泣くな。」とか「うるさい。」などと厳しい口調で言うので、
ケーくんはますますヒートアップして
ご飯どころの騒ぎではなくなってしまいます。

私が見かねてケーくんを歩行器から出して、おっぱいを飲ませると
オットから
「あーあ、結局それ(おっぱい)かよ。」
と言われちゃいました。
「ママがそうやって甘やかしてると、いつまでたってもできるようにならないでしょ?」

私が
「保育園ではちゃんとやってるから、家でくらい甘えたっていいんだよ。保母さんにそう言われたよ。」
と言うと、
「何それ、どういうつもりでそういうこと言ってんのか考えたことある?責任なんか取ってくれないよ。どうせ他人の子なんだから、しつけができてなくたって知ったこっちゃないもん。」

「違うよ。保育園ではいつも緊張状態なわけでしょう。だから家でくらい、リラックスしたっていいじゃない。そんな風に厳しくしてたら、ご飯の時間がイヤになっちゃうよ。私がそうだったから。」
「すなみちゃんが自分の経験で何言ったって勝手だけど、それって俺に対して失礼だよ。すなみちゃんのお母さんやお父さんと俺の子育てのレベルが同レベルって言ってるのと同じだからね。」
「やってたことは全然違うよ。でも、正幸さんは以前二人でご飯食べてた時にアフリカのエイズ問題のテレビ見てて、私はご飯の時間は楽しくしたいからそういうテレビ見るのやめてくれないかなあって思ってたら、なんでこういうことに関心を持たないのかって私にいちゃもんつけてきたよね。」
「それと今の話がどう関係あるのか分からない。」
「だから私はご飯の時間は楽しく食べるのが一番大事だって言いたいの。」
「四六時中厳しくしてるわけじゃないじゃない。じゃあすなみちゃんは、坊ちゃんが食べ物で遊んだり、気に入らなければはたき落としたり、手づかみで汚くしてもいいって言うわけ。していいことと悪いことの区別を曖昧にするわけ。」
「そんなの遊んでるとは限らないでしょ。上手にできないだけかもしれないじゃない。上手になるまでの間の我慢だよ。そんな泣かせなくても、いいやり方があるでしょ。」
「いーや、そうは思えないね。だいたいさ、食べる時は楽しくって言って何も教えなかったら、何してもいいって思っちゃうでしょ。泣くのがイヤだから泣かないようにって機嫌とって、いったい誰が主役なわけ。じゃあ坊ちゃんには誰がマナーとかルールを教えるわけ。そんなことしてたら、とんでもないわがままな子になるよ。」

「・・・まあ、そちらの言い分はあるよね。」
私は言いました。
オットの言うことも一理あるなと思ったのです。

オットは言いました。
「結局さ、子育てに正解なんてないんだよ。親は、間違っててもこれが正しいと信じてやるしかないんだよ。大事なのは間違ってないことじゃなくて、親がブレないことだよ。」
「・・・・・・」
「俺が坊ちゃんに怒って、すなみちゃんがそれは間違ってるって俺に言ってもいいけど、そういうのを見て育つことが坊ちゃんにどんな影響があるかな。」
「・・・・・・」
「俺は確固たる信念を持ってやってる。反論するなら俺が納得できるようにきちんと説明してください。」

反論はいっぱいあるんですけどね。
あなたが納得できるような説明なんてとてもできる自信がありません。

オットの言うことも一理あるなと思うけど、
やっぱり私は、ケーくんに楽しく過ごしてもらいたいし
精一杯甘えさせてあげたいと思ってしまいます。

こうも言われました。
「すなみちゃんは、坊ちゃんに毅然とした態度で何か教えたことある?
俺が見た感じでは、理不尽に坊ちゃんに切れてることはあっても、毅然とした態度取ってるの見たことないよ。そうやって切れる方が悪い影響があるんじゃない?
すなみちゃんのやり方にはメリハリがないよ。」

なんつーか、動物のしつけじゃないんだから、そんな四六時中理性的に子どもに接することなんてできるわけないじゃんねえ。
と思ってしまいました・・・

オットの言うことは、
理論的には正しいんだけど、感情がついていかない。
何より、ケーくんの気持ちを無視しているような気がして仕方ない。

ただ、私自身は母にすごく感情的に育てられたと思います。
(すっごく優しかった記憶があります。怒られた記憶がないくらい。
うちでは、父が怒り役、母が慰め役だったのです)
かといって、母が大好きだったかというとそうでもなくて
確かに小さい頃は、優しい母が大好きでしたが
思春期の頃からは、自分の感情のままに、私を傷つけるようなことを平気で言うし
言うことがコロコロ変わる母に、いつもイライラしてました。(今もです)
理屈が通る父の方が大好きでした。
夫婦ケンカの時はいつも父をかばっていたし。

それを思うと、私は母と同じ道を辿りつつあるのだろうか、と思ってしまいます。
そしてケーくんも、こんな私を、いつかバカにする日が来るのかな。

子どものことを思って厳しくするところは厳しく、
そうするのって本当に難しい。
泣かれるのは確かにイヤです。泣き声を聞いていると胸が痛くなるし
イライラもしてくるし。
だからって、何も教えなくても子どもは自然と親のすることを見て
自然にできるようになる、というばかりではないはず。
正直面倒くさいというのもあります。
そういうのを理由に、教えるべきことを教えていない私は
怠慢な母親なのかなと思ったり。

ほんと、子育てって「自分育て」ですね。
スポンサーサイト
«初節句  | HOME |  お花見。»

*** COMMENT ***

あーなんかすごく考えさせられました。
結局、すなみさんも旦那様もケーくんのことを愛しているんですよね。
だから甘えさせてもやりたいし、厳しくしつけもしてやりたいんですよね。
でもうーん、他人の私がとやかくいうことじゃないけれど、まだ言ってわからない子に「うるさい」「泣くな」はちょっと乱暴な気もするような・・・でも慰め役のすなみさんがいるから、パパはちょっとぐらい厳しくてもいいのかな。
ちなみに、私が小さい頃は、怒り役は母で、いつも優しいのが父でした。
うちの母もすごく感情的で、ひどい言葉を投げつけたり(優しいときもあるけれど)、自分のいいと思うものをすごく押し付けてきたりする人で、私は今でもイライラすることもあるし、母だから心底嫌いになることはないけれど、それでも素敵な人だなーなんて思ったことはこれっぽっちもありません・・・(自分で言っててひどいな)
逆に、私はずーっと父のことが好きで、大切なことを教えてくれたのも父だし、本当に尊敬する人です。
父に叱られた記憶ってほとんど無いのですが、でも父に悲しい思いはさせたくないって今でも思いますし、いつもニコニコしている父が怒るときは本当にわたしが悪いときなんだなぁと思ってもいます。
でもこうやっていろいろ考えて思うのは、やっぱり叱り役の人と慰め役の人がちゃんと家庭にはいるもんなんですね。

ちなみに、うちもケーくんと同じく、自分で食べたいらしく、少しでも手伝ってやろうとするとすっごく嫌がって怒ったりするようになりました・・・。おかげで私はいつも床掃除のシンデレラ・・・しくしく。

カナさん

そーですねー。
二人とも愛情はあるんですね。たぶん。
パパが怒り役、私が慰め役というのでもいいのではないかと私は思うんですけど、オットの話を聞いていると、私も一緒になって怒らないと効果がないということらしくて・・・小学生の子どもなら分かるけど、まだ1歳の子どもにそこまで厳しくする必要があるのだろうか?って、疑問に思っちゃいます。私だったら息が詰まってしまいそう。
例えば人を傷つけるとか、そういう明らかに悪いことだったら夫婦一致して怒ってもいいと思うんだけど、食事のマナーとか、ねえ・・・
死ぬわけじゃないし、年齢がいけば自然とできてくることだと思うし・・・
ここら辺はもうちょっと話し合いが必要かなと思います。
カナさんのお父様、素敵な方なんですね。文面からそういう感じが伝わってきます~。
でもそんなお父様が選ばれた人だから、きっとカナさんのお母様もお父様の琴線に触れるポイントが何かあるんでしょうね、きっと。
私も子どもを産んでから、母に感謝の気持ちがわいてきて、今までの言動を反省する部分もあったんですけど、やっぱり受け入れられないところもあって、複雑な感じです。特にうちは離婚してて、やっぱり子どもから見るとどっちにも非があるって思うんで、素直に尊敬できないというか・・・
でも、ちゃんと解決しない限り自分の子どもに反映してしまいそうです。

カナさんの「シンデレラ」って、日記で見て笑ってしまいました^^本当、床に新聞紙敷いて食べさせればいいのかもしれないけど、面倒で・・・だめっすね・・・
いつか解決すると信じて頑張りましょう!!

難しいねえ・・・

すなみちゃんの記事を読んで、一晩考えていたんだけど(大げさ)、旦那様って理想が高いのかな・・。
確かにさ、小さいうちから物事の善悪を教えていくのはいいことだとは思うんだけど、まだ1歳の子にそれを理解しろっていうのは難しいような気がしてね・・。
わたしはすなみちゃん派だからさ、保育園で疲れた分、家では好きにゆったり過ごさせてあげたいなと思ってるの。それに、食べること自体を嫌いになってしまったらどうしようもないしね。
それより、旦那様が怒ったりして、ケーくんを泣かせてしまうことのほうが辛いかなと。子供って良く見てるものでさ、言葉があまりよく分からなくても、たぶん自分のことで怒ってるって感じ取ると思うんだ。
両親が喧嘩してるとかもたぶん分かってると思うし。喧嘩の内容より、喧嘩してる雰囲気ってあまりよくないような気がしてね。
私は小さいころから姉に比べて怒られることが多かったせいか、両親が私と全然関係ないことで喧嘩していても、怖くていつもトイレとかに隠れてしまうような子だったので。私みたいになってほしくないな、と。
育児に関してはお互いが初めてなわけだし、どれも正解がないと思う。旦那様も確固たる理念をおもちのようだけど、それが果たしてケーくんのために正解かというのは大きくなってみないと分からないよね。
確かに親として、常識を教えたり、マナーを教えたりするのは大切だと思うんだけど、それには適した年齢とかがあるんじゃないかなあと思う。今は親の愛情をたくさんそそいであげて、親子としての基礎を築いていく時期なんじゃないかな。えらそうなことをいってごめん。うちは全然できてないんだけどね・・。
私も毎日子育てで悩むことばかりだけど、うちの旦那はなんにも言わない人なので、すなみちゃんの旦那様みたいに、真剣に考えてくれる旦那様ってすごいなあと思う。
うちなんて、「どうでもいいのかよー」って思うときもあるよ。私をあんまり信頼しないでーってね笑
きっとたくさん話し合って答えをだすしかないんだろうね。
私も母にかなり感情的に育てられて、辛いこともたくさんあったし、今でも少しうらんでることもあるので笑、自分はそうしないようにしたい。すなみちゃんは大丈夫だよ!お互い、「こうならないようにしたい!」ていう確固たる理念?を持って、無理せずいこう。
私はすなみちゃんの味方だよ!

ホント難しいね。

私も一晩考えちゃったよ。すなみちゃんの記事って、すぐにコメントかきたくなるんだけどうまく言葉にできなくて結局翌日以降に持ち越しになることが多いです^^;私がなんとなくもやもやしたまんまきちんと対面していない問題にズバッと切り込んでくるので・・・そういうことにきちんと向き合って考えて、しかも端的に表現できるすなみさんってすごい。
今回のも、ごめんなさい、旦那様の言い分は確かに一理あるし信念を貫いてる感じがするんだけど、すごく反発を覚えました。
だって、旦那様は自分だけの考えで行動してて、すなみさんの意見や気持ちを聞いていない気がするから。というか、記事にもあるけど納得できないからって切り捨ててる感じがするのです。すなみさんの書いた記事だけを読んで旦那様の言い分を聞いていないから感じることなのかもしれないけどね・・・。
子育てって夫婦2人でするものなんだから、どうして相手がそう考えるのか思いやってあげることが大事なんじゃないかと思う。「俺が坊ちゃんに怒って、すなみちゃんがそれは間違ってるって俺に言ってもいいけど、そういうのを見て育つことが坊ちゃんにどんな影響があるかな。」って、じゃあこういうときにはこうしよう、って話し合うのはいつすればいいの?そのときじゃないといえないこともあるし、後でって思ってもきっと忘れちゃうよ。それに、怒り役の旦那様となだめ役のお母さんってすごく自然な図だし、ケー君はそんなお母さんの姿にきっと安心すると思う。激しい喧嘩になっちゃったら良くない影響もあるだろうけど、今のうちに意見のすり合わせをしておかないと後でどんどんずれてきちゃうような気がする。
子育てに正解は無いから「親がブレない」ことが大事。これは私も本当にそう思う。こういう信念を持ってケー君に接する旦那様は本当に立派だと思うし、かっこいいな、とも思うよ。昔ながらの日本男児タイプなんだね。だからこそ、すなみさんが感情を顕わにしてケー君に接することが大事なんじゃないかなぁ。だって、家庭は学校じゃないんだもんね。
切れたっていいじゃん。いつも淡々と冷静に接してたら、きっとケー君は寂しいよ。四六時中一緒にいる母親だからこそ、体当たりの子育てしないとね!!

ところで、ふと気が付いた。なんで私が旦那様にムムムと思ったか。
なんだか旦那様と私は考え方が似ている感じがします・・・。もちろん、そんなに芯は通っていないし理論的でもないしすごく感情的なんだけど。で、すなみちゃんの反応はうちの旦那に似てる・・・ような気がする・・・。
なんていうか、あー、私も旦那にそう思われてるかもって思っちゃうところがもやもやの原因のようです^^;
ごめんね、旦那様にもすなみちゃんにもすごく失礼だよね;;ほんとごめん!!

ゆきちゃん

コメントありがとう!引っ越ししてて、やっとネットがつながったよ^^;
そうなんだよね、もちろんマナーを教えることは大事だし、なんせちゃんとしてくれているので文句も言いづらいんだけども、あまりに泣いてご飯を食べないようだと、本末転倒じゃないかなって思っちゃってね・・・
「今は愛情をたくさん注いであげて」というのは本当にそうだと思う。だからって危ないこととかしたときは当然叱らないといけないけど、うまくできないのを叱るのは、本人的にもつらいんじゃないかなあと思うね。うまくできなくてイライラしてるのは本人なんだから。
難しいよね。ゆきちゃんの旦那様は放任主義なのね。私からするとうらやましい気もするけどきっと隣の芝生なのね^^

たーらちゃん

おおそうか!と、たーらちゃんの記事を読んで気づかされました。そうそう、私は何がイヤだったかって、オットが「なぜ私がそう思うのか。」を聞いてくれないからだったのよね。理屈的には正しい部分もあるし、言われれば納得もできるけど、なんでモヤモヤするんだろうと思っていたら・・・
男の人って、そういう生き物なのかねえ?と思ったけど、たーらちゃんのところは逆なのか^^ 失礼なんてとんでもない~。気にしないでね。
そう考えると、夫婦ってやっぱり性質の違う人同士が一緒になってうまくいくものなのかもしれないね。

ケンカはしてもいいと言ってもらってほっとしたよ。これからもうちはやっぱりどうしてもケンカするだろうから(苦笑)といっても、私が小さい頃両親がケンカするのすごくイヤだったのね。だから声を荒げてって言うのはなるべく避けたいけど、お互いの意見をすりあわせるためには仕方のないことだよね。冷静に話ができるのが一番いいとは思うけどね。

結構、小さい頃から(乳飲み子時代とか)
子供って親のことよーく見てると思いますよー
厳しい親であっても、親自身が自分に厳しい人なら「ごもっとも」と思って育つと思うし
理不尽な厳しさであれば反抗期にしっかり返ってきますよー。

うちは(離婚したけどw)お互い似たような感じで子供のことはあまり叱らず育てました。
しつけとゆーしつけもしなかったなぁ・・・
でも、いつの間にか挨拶できるしいつの間にかご飯の後片付けもするし。。。
教えなくても真似してるんだなって勝手に思い込んでました。(夫婦共に)
大きくなった今もこれといって問題も起こさずフツーのいい子ですよ。

多分、特別教えなくてもしつけなくても自然と覚えるんじゃないかな?

親でも感情はあるしそれも隠すのは逆に不自然だと思う。
イラついたら八つ当たりもしますとゆーのも小さい頃から慣れておくと他人のヒステリーに振り回されることもないとか・・・いい効果もあるかもよ?(*´∀`)
毅然とした態度も必要だと思うけど、私の経験の中では「命にかかわる危険」に関することくらいですよ。
そこは真剣に毅然と・・・
あとは、ユルユルとゆーか・・・
ワガママだって親に対してなら別にいいじゃん?と思うし。

見られてることだけ意識して親がしっかり頑張って生きてればダイジョブだと思う。(*´∇`*)

しぇりーさん

コメントありがとうございます☆
そうなんですよね、危ないところだけ毅然として教えていればいいんじゃないかと思っていたので・・・
マナーとかに対してそこまで厳しくしなくても、と思ったのは事実です。
でも甘いと言われちゃうとそうなのかな~と思ってしまったり。

見られていると言うことだけ意識するというのは、本当にそうですね。
口だけで言ったって説得力ないだろうし
そこは気をつけようと思います。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。