よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公私混同

昨日仕事をしていると、ねーさんが、泣きながら部屋に飛び込んできました。
(ねーさんと私は、普段違う棟で仕事をしています)
「どうしたの?藤田先生(ねーさんの上司)と何かあったの?」
私が聞くと、ねーさんは涙ながらにうなずきます。
「問題が山積みでね。鹿原さんは産休に入っちゃうし。
私の雇用もいつまでか分かんないし、綾子(ねーさんの娘さん)は来年から高校生だし、
これからどうなるんだろうってすごく不安で。
藤田先生に相談したら、
『どうなるんだろうね~』
って軽く流されちゃって・・・
思わず
『藤田先生は全然この事業のことまじめに考えてない。そんなんだったら私、もう他に仕事探しますよ。』
って言ったの。」
「そしたら何て?」
「『ああ、それもいいんじゃない。』って・・・」
ありゃー。

ねーさんは、よく上司である藤田先生とこういう言い争いをしては、私に愚痴りに来ます。
そのたびに私はなだめてるのですが、正直、職場における距離感のとり方が、
彼女はちょっと人と違うんじゃないかな?と思ったりしてしまいます。
先日も彼女がとても怒って私の部屋に来たのですが、その理由を聞くと、
藤田先生が仕事上の質問に対して
「そんなの俺にだって分かんないよ。」
と切れたからだそう。
藤田先生も、彼女に対する距離の取り方を間違えてらっしゃるような気がします。
仲がいい時は、ちょっと変じゃない?っていうくらい、仲がいい二人なのです。
ねーさんが、藤田先生の繕い物をしてあげたり。
藤田先生の持ち物に、マジックで落書きをしたり。
二人で部屋でお餅を焼いて食べてたり(笑)。

私は正直、職場の上司とそこまで深く係わり合いになろうとは思えないので
(仕事終了後に飲みに行ったりすればまた別ですが、少なくとも仕事中は淡々と接したい)
そこまで仲良くなる二人も、そこまで本気の喧嘩をする二人も、よく分かりません。
なので、ねーさんに相談されても、どうしても一歩ひいた見方をしてしまうのです。
もちろん、ねーさんが泣いてるのを見ると、かわいそうだなあと思うし、何とか励ましたいなあと思うんですが・・・

後から、私と同じ部屋で仕事をされている堀場先生が入ってこられて、ねーさんの涙を見てびっくりされていました。
そりゃそうでしょう。職場で泣いてる人を見たら、誰だってびっくりすると思います。
とはいえ、私も20代前半の頃は上司に言われた言葉が悔しくて泣きながら反抗したこともありますが(照)
後半はあしらい方を覚えて、逆に同期の女の子から
「あんた裏表ありすぎ」
と呆れられたことも。
なので、失礼ながら30代後半にもなって、お子さんも二人いらっしゃる大人の女性のはずのねーさんが、そんな大人気ない状態なのは、いかがなものかなあなんて少し思ってしまうのでした・・・
普段はとってもいい人なんですけどね。姉御肌で、情が深くて。
まあ、情が深いゆえの出来事という気もしないでもないですが。

私って冷たいかなあ・・・
スポンサーサイト
«夫婦って  | HOME |  無事»

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。