よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言うのは簡単

昨日、夫が録画していた「ワーキングニートの問題」というNHKの番組を見ていました。
夫は、昔からこういった社会問題に興味があるらしく、
私も一度アフリカの飢餓問題か何かの番組を興味を示さなかったことについて
(示してないわけじゃなかったんですけど、その時は私の作った晩ご飯を
食べている最中だったので、熱中するのはいいけどできればご飯中は
やめて欲しいなあと思っていたわけなんです)
嫌味たっぷりに皮肉られたことがあったので、
それからはなるべくそういうのを夫が見ていたら
私も興味があれば見るようにして、意見があれば述べるようにしています。

でも最近、夫の中では特にこういった日本の福祉制度に関わるものの優先順位が
高まっているらしく、
それというのも結婚して家族を持つことによって、明日食べて行けなくなったら
どうしよう?日本の経済状況はどんどん悪化している、もしかすると年金も
ろくに貰えないかもしれない、生活保護では食べて行けないかもしれない、
そうなった時にどうしよう?というような不安感をすごく持つようになったらしいのです。
だからこういうのを見た後は、必ず私に
「なっちゃんは人ごとだと思ってるかもしれないけど、明日は我が身なんだからね。」
と言います。
実際問題、私の母は父と別れた後にガンになって、保険に一つも入っていなかった
ために貯金を全て使い果たしてしまい、
一時期、親戚に借りまくって生きている状態の時もありました。
今はパートの仕事も再び得ることができ、また一人暮らしということで
医療費が初診料以外全てタダになる福祉制度を利用できることが分かり
(ほんとはもっと前に分かってればよかったんだろうけど)
家も売ったので、まとまったお金が入り、借金も返して
何とか生活できているようです。
そういうのを見ていると、夫はなおさら危機感を募らせているようです。

でも正直、私は涯ちゃんと暮らしているとき本当に頭がすり切れるほど
「お金がなくても結婚して暮らしていくためにはどうしたらいいか?」
について考え、大体の答えは出していたので、人ごとどころか
力一杯自分のこととして捉えた上で「でも何とかなるよ。」と考えているのです。

夫は私のそんな心理状態を知らないので「人ごとと思ってのんびりしている」
ように見えてもどかしいのでしょうね。

でも一つ私の中では疑問がありました。
夫がそうやって私の危機感をあおろうとするたびに、
「私を啓蒙しようとしてるんだな」
とは思うんですが、
「それで、あなたはあの番組を見てどう思った?」
と聞くと、「人ごとじゃないなと思った。」と答えます。
「じゃあ、どうすればいいと思う?」
と聞くと、
「これから日本ではああいう低所得者層が増えて、犯罪もどんどん多くなって
いくと思う。
そしたら俺たちがいくら気をつけて生活していても、いつ犯罪に巻き込まれて
暮らしが根底から崩れるか分からない。」
と、答えます。
「じゃあ、対処のしようがないってことじゃん。」
と私が言うと、
「どうして話をそう単純化するかなあ?」
とイライラしたように答えます。
だって、あなた私の質問に答えてくれないじゃん。
って、話の腰を折っちゃう私もいけないんですね(苦笑)。

でも私は、不安というものは、相手の正体が見えないからこそ起こるものだと思っています。
だから、起こりえそうな事態を想定して、それに備えれば、不安の8割は軽減できると思っています。
というわけで、私はああいう番組を見ても
「ふんふん、じゃあそうならないためにはどうすればいいのかな。」
とすぐに具体的な対処法を考えます。
それが、涯ちゃんと暮らしている間に私が身につけた、訳の分からない不安に
襲われないための知恵でした。

NHK番組を見て、あるいは社会問題についていろいろ調べて、
人の危機感をあおって、何も考えてなさそうに見える人をこき下ろすのは簡単。
でもそこから何が生まれるかって、せいぜい自分は人より考えているという
ちっぽけな優越感くらいじゃないかな?
本当に人に必要なのは、自分が危機的な状況に置かれた時に、いかに対処するか
という、対応能力じゃないかと思います。
そのために、いろいろ前もって情報を集めて、できる限りの対処を考えて、
「人事を尽くして天命を待つ」という言葉じゃないけど、後は運を天に任せる、
人間にできることなんて、そのくらいかなあ
なんて私は思ったりするのです。
スポンサーサイト
«食事  | HOME |  焼肉»

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。