よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女の友情

もぐたんさんの日記を読んで、思うところがあったのでテーマを頂いちゃいました。
(もぐたんさん、すみません)
さるさるの方でももう何度か書いてるけど、「男女間の友情」について。

私は基本的に「男女間の友情はない」と思っています。
ただし、これは私に関してだけで、他の人のそれまで否定する気はありません。
が、オットに対しては、同じスタンスでのぞんでいます。
(本人はあると思ってるみたいですけど)
理由はいくつかあると思うんですが、今までこのテーマについて
何度も書いてるってことは、たぶんまだ自分の中で、結論が出てないという
ことかもしれません。

まあ、一番大きいのはやはり、高校~大学にかけて
友達と思っていた男性に、いきなり告白されたことが何度か重なったと
いうことが大きいかもしれません。
正確に言うと、告白されたというよりは
肉体関係を求められたのです。
(さすがに、襲いかかられたりしたことはないですけど)

「相談がある」と言われて
それなりに親身になって話を聞いているつもりだったのに、
いきなり「でも結局、お前は一定の線以上は近づいて来てくれないんだな、もういいよ。」
と言われたこともあるし。

同じ研究室の子が好きだという男友達に、
私もその子と同じ研究室だったので、いろいろあーだこーだとアドバイスしてたら
「筆おろしさせて欲しい。」
と言われたこともあります。
(これは本当にショックだった・・・だって私当時処女ですよ。
なぜそんな勘違いを?)

逆に、私が男友達に相談したことも何度かあったのですが
ほんの数時間前まで親身になって聞いてくれていた相手が
帰りのタクシーの中で、いきなりキスしてこようとしたこともあります。
(力一杯拒絶しましたけど)

たぶん、私にも隙があったんでしょう。
でも、実をいうと少なくとも大学の頃くらいまでは
私は自分が女であることにすごく嫌悪感を持っていて
化粧も全くしてなかったし、マニキュアもアクセサリーも大嫌い、
しかも胸が結構あり、それがまたコンプレックスで、
体型が分からないように、服装も、ジーンズにダボッとしたシャツを
羽織るような格好ばかりしていました。
性格も、サバサバした感じを装っていました。
(ほんとはわりとうじうじしてるんですけどね)
なのになんでそうなる!?
しかも一番悲しかったのは、そういうふうに急に接近して来た後
こちらが断ると、みんながみんな離れていってしまうのです。
友達と思ってたのに。
私はそういうことがあっても、普通に付き合っていきたいのに。
何で壊すの?そう思ってました。

だから、私はもし夫に相談を持ちかけてくるような女性がいたら
どうしても身構えてしまいます。
幸い、今のところはいないみたいですけど。

でも、今にしてちょっと思うのは、
結局、私自身に
恋愛を抜きにしてもこいつとは付き合っていきたいと思わせるような
人間的な魅力がなかったからかもしれないなあ、ということです。

もぐたんさんのところのコメントにもあったけど、
恋愛とは全然関係ないような、共通の趣味とか
「私と話すことでしか得られない」話題とかがあれば
今でも何人かとは続けていられたかもしれません。

それを思うと、結婚もして30も過ぎて、だいぶこなれて来た私は
もしかしたら男の人と友情を築けるようになっているかもしれませんね。。。
スポンサーサイト
«贅沢病  | HOME |  うむー»

*** COMMENT ***

こんにちは

なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/1645

すなみさん、こんにちは。
コメントしようと思いつつしそびれてました(^^;)
私はすなみさんの男友達がちょっと変だと感じます。
友達にそんなこと言うなんてありえないし相手のことを
大切に思っていたらそんな風な言葉は出てこないはず。
残念だけど少し甘く見られていた?のかも
しれないです。
けど、そういう相手とはいい友達関係が築けたか
疑問な部分もあるのでハッキリそういう部分を持つ人と
わかったのは良かったのかもしれません。

男女の友情の境目は難しいんだけど
でも同僚とかふとした瞬間に助けてくれる異性の友達って
ありがたいなあと思います。
同性とは違う意味で。

もぐたんさん、コメントありがとうございます!
そっか、確かにちょっと甘く見られていたかも。
どうしても「物分りのいい女」を演じちゃうんですよね。厳しいこともビシッと言えるようにならないと。

でもこの記事をアップした後、高校で同じ部活だった男の子とメールする機会があって(ミクシィでマイミクにもいるんですけど)すごく助けられるアドバイスをもらえて嬉しくなりました。もしかすると、友情をうまく築けなかったのは、お互いに若かったせいもあるのかも・・・と思いました(^^)

お元気ですか?

おはようございます♪

「男女の友情はない」って・・・
あはは!私もそっち派です。

若い頃から男の友達っていうのはいないですよ。
すなみさんと同じように、友達だと思ってたのに(゜ロ゜;)エェッ!?っていうことが多かったですね。
そういうのが面倒で、気づいたらいなくなってました。

これはどうなんだろう?って思うんだけど、例外がひとつ・・・。
元旦那さんですけど、子供がふたりいるので今でもたまにご飯を食べに行ったりします。
他人から見たら、「仲いいねー復縁すれば?」とか言われることもあるけど、私も元旦那さんもそういう気持ちになったことは一回もないですね( ̄ー ̄;

恋愛して結婚して子供まで作った仲なのに、不思議とどんなに弱ってる時でも「家族」っていう感覚が抜けず、ある意味お互い甘えてるんだろうけど、男女の関係にはなるわけがない!と、断言できるくらい・・・ん~言葉は悪いけど、そんな風に考えること自体気持ち悪いっていう感じですよ。o(*^▽^*)o

兄弟とそうなるわけがないっていうのと似てるかも。

お互い別のパートナーがいますけど、子供が存在する限り、あくまでも大事なことはふたりで話し合って決めましょうっていうスタンスは崩れてないですね・・・。

これは、友情なのかな?

コメントありがとうございます!

しぇりーさん、コメントありがとうございます。
ほったらかしにしていてすみませんm(__)m

元旦那さんとは、お互いちゃんと納得して離れたから、
そういういい関係になれたのかもしれないですね。
友情と言ってもいいんじゃないかな。ちょっとうらやましいですよ~。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。