よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える。

最近、いじめに関する報道が増えていますね。
マスコミも、番組によって、いろんな見方をしているようです。

が、一番多いような気がするのは、学校や先生を責める論調。
「なぜ気づかなかった?なぜ気づいていても隠蔽した?」
そればっかりで。

なぜ、自殺すれば解決するという安易な考え方を批判しないのか。
なぜ、いじめの構造にもっと踏み込まないのか。

そういう視点が少ないな~と思います。

前にもちょこっと書きましたが、私は小学校~中学校くらいまでターゲットにされやすい子で、
いじめというほどでもないかもしれませんが、みんなの前で
「死ね!」とか「キモイ!」「クサイ!」と
大声で罵倒されることが結構ありました。
言うのは、クラスでもどちらかというとリーダー格の
女子や男子。
女子は大抵グループで無視、聞こえよがしの悪口とかでしたが
男子は男子で、自分の下っ端に言わせたりして、陰湿でしたね~。

死のうかな~と考えたことはありました。
ただここから逃げ出したい、それだけの気持ちで。
でも実行には移しませんでした。
たぶん「苦しいのは今だけだ。今我慢すれば絶対楽になる。」
そう考えたんだと思います。

実際、クラスではいじめられてましたが、部活の友達とは
うまくやっていましたから。
それに私はたまたま少し成績がよく、頑張って勉強すれば
いじめをする人たちとは別の高校に行けるということが分かっていました。
そういうわけで、必死こいて勉強したと思います。

見事志望校に合格してからは、男子からはまったくいじめられなくなり
逆に、しゃべったこともない子から告白されるようになりました。
女の子からは、その後も何度か無視されたりということはありましたが
それも年齢が上がっていくにつれてなくなりましたね。

たぶん、自殺しちゃったりする子と私は
紙一重だったんだと思います。
でも少なくとも、学校や先生が助けてくれるとは
思ったこともありませんでしたね。
私は親にはほとんど相談しませんでしたが、
もし親が先生に相談なんてしたら、恥ずかしいからやめてって言うと思います。
実際そういうことして、先生がいじめてる子を注意した結果
もっとひどいことになった事例を私はいくつも見ています。

いじめられてる子は、相談できなくても
親にサインを出してます。
親に気づいてもらいたがってます。
少なくとも私はそうでした。
そして、あなたは悪くない、いじめられる要素も少しはあるのかもしれないけど、それでも私たちはあなたの味方だよって言ってほしかった。
たぶん私が踏みとどまったのは、そういう気持ちを親から感じ取れたからじゃないかなって思います。

偉そうなことはいえないけど、そういう対話を
死んじゃった子達はできてたのかな?
そう思います。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

(。・・。)(。. .。)ウン

そんな理想論!と、否定されても、私もすなみさんと同じこと考えます。
責任追及しても我が子は帰って来ない。
その前に自分ができることはなかったのか?って、自分を突き詰めることに必死になると思う。

私は学校にも先生にも期待してないし。
それは、自分の経験も含めてですね。
そして、親にも実は期待してないですよ。

イジメをなくそうなんてのも無理だと思ってるし。

そして、死んだら終わりだって思ってます。
死ぬのがいいとか悪いとかじゃなくて終わりなんだって思ってます。

後輩が事故で死んだ時、あれだけ悲しくて泣いたのに、やっぱり私にも私の人生があって日常があって、毎日泣いてるわけでもなくて、翌日子供が笑ったら笑っちゃうことだってあるわけで・・・
思い出すことはあっても、その存在はもうないのだから。
泣いても笑ってもいないもんはいないんだ。
死んだらこうなるんだ。って、思いました。

冷たいようだけど、それが人じゃないのかなぁ?
私が変なのかしら?

いや、そうだと思います。

死んだら終わりなんですよね。
自殺する子っていうのは、それが分かってない気がします。
自分がいなくなったら、そりゃ一時期は大騒ぎになるし、
親だって悲しむだろうけど、
時が経てば、少なくともいじめてた子たちには忘れられちゃうんです。
「ああ~そんな子もいたね~」って感じに。

一方、死んでしまった自分は
もう二度とおいしいものを食べることもできないし
友達としゃべることもできないし
まして中学生なら、この先燃えるような恋もしただろうし
何かの才能を認められて、ものすごく有名になれたかもしれない。
そういうのを全っ部、自分の手でダメにしちゃったんですよ。

そういうのってなんてばからしい。
たった一時期、自分をいじめることで憂さ晴らしをしているやつらに
仕返しをするのと(しかも死んじゃったらそいつらが苦しんでるのも見れないわけですよ)
今我慢することで得られたかもしれない、輝かしい未来を全部捨ててしまうのと、一度冷静に天秤にかけて欲しい。
所詮、自分を守るのは自分しかいないんだから。自分以外に、自分にとって何が幸せかを本気で考えてくれて、一生面倒を見てくれる人なんていないんだから。
(親だって、順当に行けば途中で死んじゃいますしね)

「今さえよければいい」
そういう考えがはびこってる気がします。

そうですな

「今さえよければいい」
これは、世の中全体がそうでしょう?
大人も子供も。
過去にしでかした罪の重さや責任や償いにかかる時間も放棄。
現在はダラダラ適当に生きて、仕事して家のことやってればいいやってなってて、
明日なんか当たり前に来るって思ってるから何事にも感謝の気持ちがない。
刺激が欲しくてネットで出会いを探して不倫して・・それをブログに書いて喜んでたりさ~
今、自分が何のために生きてるか?なんて、考えることもないんだろうって思いますよ。

そういう大人を見て育てばやっぱりそういう人間が出来上がるのが当たり前だしね。

私は、色々とありまして・・・
明日目が覚めるのかわからない日々を数年間過ごしてみて、人生観が変わった気がします。
死ななかったことに何かしら意味があるんだろうって考えて考えて・・・最終的には大した答えじゃなくてごく当たり前の答えだけど、
「お母さんだからだ」って思いました。
子供が子供であるうちは死ねないなって。

数年間苦労をかけてしまった子供たちは、「ママが心配だから死ねない」って言ってます。
可哀想でしょ?
だから、早く心配しないですむよう頑張ります。
「やりたいことがたくさんあるからもっともっと生きたい」って言ってくれるまでは、頑張らないと!

そっかぁ~

いろいろあったんですね・・・
大変だったですね。

でも、子供さんたちがそんなふうに言ってくれるのは
一生懸命頑張って来たお母さんを見てるから
それを認めているからそう言ってくれるんだと思うし
子供三たち自身も、いい加減な気持ちで人を傷つけたりするような人にはならないと思いますよ。

私も、いい加減に生きてるとしか思えない人がいい思いをしていたり、幸せそうな人生を送っているのを見ると、心底落ち込みたくなることもありますが
自分が一生懸命やってきたことは、誰も知らなくても絶対意味があるはずだって思って自分を励ましています(^^;)

でも、時々どうしてもこういう場でひと言
毒を吐かずにはいられないんですけどね(汗)。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。