よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むかしのこと

前回のエントリにまた関連して。

「彼女がいる人と付き合ってた」と、書きました。
いわゆる、二股です。

その人と知り合ったのは、高校に入学した最初の日でした。
入学して最初、出席番号順に男→女の順で座るんですが
その時、隣の席だったんです。
が、その時は彼は私の前の席の子にばっかり話しかけて私には全然興味を示さず、
私は「何この人感じ悪っ」と思っただけでした。

2年に上がっても彼とは同じクラスだったんですが、その時も全然話さず、
最初に話したのは3年の時、私の友人(女)が部室に彼を「友達」と言って
連れて来た時でした。
その友人はかなり変わった子で、
なぜか彼に私の目の前で何度か「キスしようよ。」と迫っていました。
私は「まだ人がキスするの生で見たことないから見てみたい。やってやって。」とか言ってました。(結局その時はしなかったんですけど)
それで、彼は私のことを妙な子だと思って興味を持ったらしく、
それからちょこちょこしゃべるようになりました。

が、彼には別に付き合ってる子(その子も私の友達でした)がいたので、
必要以上に近づかないように注意してました。
でもそうすればするほど、彼は私に興味を示したようでした。

私たちは同じ大学の同じ学部に入りました。
それからよく一緒に通学するようになりました。
でも私は大学で入った部活の先輩が好きになり、彼には友達以上の感情は
持てませんでした。
それが変わったのは大学2年の時、
彼に新しい彼女ができたと知ったときからです。

正直、その時まで私は彼が私のこと好きだとうぬぼれていました。
何度か告白めいたこともされてたし、
それまで、どんなに私が彼に興味ないそぶりを示しても、
彼が私を追いかけて来てたような感じだったからです。

だから意地になってしまったのかもしれません。

まあそういうわけで、彼に駄目もとで告白したところ、
なぜか逢うようになってしまいました。

彼が付き合っている相手は、私と同じ研究室の子でした。
が、その時私は、初めて恋愛でアドレナリンが出るのを経験したのです。
それまでに何度か男の人と付き合うことはありましたが、
なぜかいつも途中で私の方が冷めてしまって、長く続いたことがなかったのです。
そういうわけでHも経験しておらず、結局彼が最初の相手になってしまいました。
もしかするとそれが、私が彼に執着してしまった理由の一つかもしれませんが
やはり、いけないことをしているというスリルが拍車をかけたのは間違いないと思います。

が、その恋は突然終わりました。
状況が複雑で申し訳ないのですが、彼には実は、付き合っていた子と私以外にもう一人
ずっと好きな子がいたのです。
その子は、私たちと同じ高校で、しかも私の友達でした。
私は、その子から、彼から告白されたという話を聞かされたのです。
そしてそれからしばらくして、彼から、彼女と付き合うことになったという話も
聞かされました。

もう一人の子にもその話をしたらしいんですが、
その子は「それでもいいから逢って欲しい。」と言ったそうです。
私は、言えませんでした。
友達の彼氏だからということではなく、彼が私よりももう一人の子よりも
好きな子がいるという事実がつらかったんです。
それでも、しばらくは逢いたかったし、実際逢っていましたが、
もう彼は私を抱こうとしなかったし、
他に相談する人がいないのか、友達のことを私に相談してくるのです。
どうしたら藤井さんにもっと好きになってもらえるかな?というふうに。
それがつらかったので、私はもう逢いたくないと言いました。
そのまま私たちは卒業しました。

が、結局数年後よりを戻してしまいました。
理由は私が彼のことを忘れられず、その後何人もの男の人と付き合ったり
結婚の約束までしたりしたけど、結局
彼が私の友達と別れたという話を聞いて、彼に電話をかけてしまったのです。
でも、結果は同じでした。
というのも、彼には既に新しい彼女ができていて(しかもまた私の知ってる子)
その上まだ私と付き合っていた当時に付き合っていた彼女と
切れてないということを知ったから。

私は彼といる時、もう結婚なんて一生できなくていいや、彼といられるのなら
と思いました。
彼は当時大学院生をしていたので、結婚なんてできる状況じゃなかったし
何より彼が、結婚そのものを否定していたから。
「自分の遺伝子は残したくない。」と言っていました。
私は一時は彼の子供を一人で産んで育てようとまで思っていました。
でも結局そうしませんでした。
何だか、彼に対して無性に腹が立って来たのです。

なんか結局、こいつはあっちにもこっちにもいい顔してるだけじゃん。

そう思って、付き合い始めて私は初めて彼に
「私を選んで。」
と言いました。
彼の返事は煮え切らないものでした。
それで、私は彼を完全に切りました。

数年後再会したのですが、お互い目を合わせることもありませんでした。

夫と知り合った時、お互いの過去の恋愛の話になって、
夫が他に彼氏のいる相手と付き合ったという話をしたので、
私もこの話をかいつまんでしたのですが、
その時「いい恋愛をしたじゃん。」と夫に言われました。
私自身は全然そう思っていません。

確かに、後にも先にも、付き合っている時にあれほどアドレナリンが出た相手は
彼の他にはいませんでした。
でもどこかで、私は彼自身を好きというよりは、状況というか、
彼と付き合っているときの私が好きだったんだなと思っているのです。

私には、もうああいう状況を楽しむだけの気力は残っていないのです・・・(^^;)

それよりも、私は
自分の好きな相手が自分のことを好きでいてくれて、
お互いに思いやったり思いやられたりしながら、
お互いのだらしないところもかっこ悪いところも見ながら、それでも許しあって
ずっと一緒に生きていくという状況の方が、
ずっとずっと幸せを感じられます。

若い頃は、自分の好きな人が自分を想ってくれるという状況が当たり前で
それがどれだけ貴重で、有り難いことか
分からなかったんです。

それが分かるようになったという意味では、彼との付き合いも
「いい恋愛」といえるのかもしれません。

またしても長くなっちゃいましたが、
そういうわけで、私は今の夫と
そういう関係を築きつつある毎日に感謝しています。

もし今彼と会ったとしたら・・・

実は会ってもおかしくない状況なんですよね。
彼はまだ大学に残っているんですが、まさにそこで今、私は働いているので。
広い大学構内とはいえ、可能性はゼロではないのです。

が、たぶん、懐かしいとは思っても
よりを戻したりすることはないでしょう。

だってもう本当にこりごりなんだもん(笑)
今の幸せを壊したくないしね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

*゚・:。ワァ(・∀・)オ。・:゚*

私も18歳の時忘れられない恋をしたことがありますわ。
彼女がおる人でした。
全員同じ高校という状況で・・・アドレナリンデスギクンになってしまった。
多分、あれ以上燃えることは生涯ないだろうと思ってますけど、今考えると一体何が私をそこまで燃えさせたのかさっぱりわからんです。
私が横入りしたせいで、ふたりは喧嘩をしてしまいましたけど、彼が選んだのは彼女だったのです。
ちょっと安心した~
彼はそういう人だって思ってた通りになったから。
泣きましたけど、安心もしましたよ。
でも、彼女は彼を許せなかったんだと思う。
高校卒業して間もなく親子ほど年の離れた男性とあてつけのように結婚しちゃったそうです。
彼は未だ独身らしいと風の便りで聞いたけど、そういうの考えると女子は強いです。

私に譲るのなんか死んでもいやだったんだろうなって思います。その気持ちわかるなぁ~
一度許したフリして取り戻して完全に私と切れた頃、ひっそり年上男性とおつきあいを始めて・・・。
彼がフラれた時は、まさに青天の霹靂状態だったみたい(;´▽`A``

うひゃ~

その女の子すごい!カッコイイ!(笑)
うちの場合は、私といる間に付き合ってた女の子は
私が彼を切った数年後、鬱病になって実家に帰ったようです。
ちゃんと誰かを選んでくれるしぇりーさんの彼のような
人だったら良かったんだけど、
彼は、いわゆる「関わってはいけないタイプ」の男なんだと
思います。
ぱっと見は大したことない男なんだけどね~
なんつーか、女の子を褒めて持ち上げて
ヒロインみたいな気分にさせるのが
ものすご上手(と当時は思ってた)なんですよ。
まぁ今も大学院生をしてるあたり、甲斐性ないのは
間違いないですがね・・・

悔しいけどかっこいいですよね

不思議なもんで、彼女を失った後の彼は魅力半減というか・・・
妻子持ちだからこそモテる男と共通点がありそなかんじw
敵がおる!と本能で感じ取った女子はアドレナリンが出ちゃうんでしょうか?
自分を振り返るとそうっぽい(T▽T)アハハ!
現在は、敵とも思えず、パートナーがすでにおる方には「どうぞお幸せに」という思いしか抱けなくなりました。
だから、私もお誘いないっすよ。
誘われたとしても・・・
失敬な!としか思わないw
全てをかなぐり捨てて出直せ!と。
年食ったらプライドって高くなるんですかね?普通逆な気がするけど若い頃の方が大安売りしてた気がするなぁ・・・。
「彼女がいてもいいの」
今考えると何様だよ?ってセリフですな。
彼女さんにしてみればえらい迷惑な話ですわ。
そういうセリフを平気で言って、彼女持ちを口説いた情熱は何処へ?
多分、その時使い果たしましたね。

ああ、ここに来ると素直に本当のことが言える♪

きっとそうですよ~(^^)

若くて自分に自信があると、彼女がおる方が断然燃えます!
友人も言ってました。「ふりかけかけてなんとやら♪」って。
(多少の障害は恋愛のスパイスよん♪という意味です~笑)

今はプライドが高くなったというよりも、
身の程を知ったというか(悲っ)
シェリーさんも書いてるように
やられた相手の気持ちを考えるようになったからだと思うんですよね。
プライドだけなら、若い頃の方がずっと高かった。
「私になびかないなんて許せない!絶対奪ってやるっ!」
って発想が原動力になってた気がしてしょうがないですわ~(爆)

どんどんホンネ吐いちゃってくださいませ♪

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。