よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切ない夜

と、いうわけで、飲みに行ってきました。
(飲みに!って、ビールコップ一杯しか飲んでないよ♪)
コメントに書いた通り、男と2人→女2&男1に変わったので、かなり健全な飲み会でした。
何となくホッ(^^)

ただ、前にもちらっと書いたけど、この人は前彼との共通の友人なので
やはり、前彼の話になりました。
といっても、彼はあんまり詳しい事情は知らないようで、
「聞いてもいいんかな?どっちからふったん?」とか聞いてきましたけど、
私は私で、前彼とは別れてから本当にきっぱりと音信不通になったので、
その後の消息が気になっていたんで、聞けてよかったです。
彼女はまだいないらしく「今どん底の人生みたいだよ。」と言われましたが・・・

とにかく、やさしいやさしい人だったんですよ。
やさしすぎて、人を傷つけるくらいなら、自分が傷ついてしまうような。
それで、仕事先でも上司にいじめられて、ノイローゼになって、
それでも人を責めないで、自分を責めて。

だから、一緒にいても不安でした。
勝手かもしれないけど、私も誰かに頼りたかったんですよね。
彼が私の部屋に転がり込むような形で同棲してたんですが、
収入も私の半分くらいしかなくて
(やりたいことをかなえるために、バイト待遇で働いてたから)
私が倒れたり、妊娠・出産でもしようものならたちまち共倒れになるのは見えていて。
浮気もギャンブルも全く縁がなく、お酒もほとんど飲まず、
「唯一の趣味は私」っていうくらい、私を大事にしてくれる理想的な彼氏でしたけど、
彼が時々鬱症状に襲われるたびに、
「このまま彼がおかしくなったらどうしよう?私はこうやって一生、ずーっと彼を
支えて行かなきゃいけないの?」
と不安になってました。
それで、まず生活を立て直そうということで、同棲を解消してお互い一人暮らしを始めたんです。
その上で、一応何があっても大丈夫なように私も正社員で再就職したんですけど、
その会社が特殊なところで、私も精神をおかしくしかけて、
辞めざるを得なくなってしまいました。

そんな時、今の夫と出会い、「結婚して欲しい。」と言われたんです。

もう本当に最低なんですけど、私は、その時
「ああ助かった。」
と思いました。
夫という人に対してもちろん好意は感じていましたし、この人にとって私が必要だ、
という感覚は確かにありました。
結婚するにあたって、一番大きなモチベーションはそれだったと思います。
でも私は夫に彼のことを何も話しませんでした。
そして彼には、
「もう好きな気持ちがなくなった。他の人と結婚することにした。
だからもう二度と連絡取らないで。」
とだけ言って、別れたんです。

私を悪者にして彼が少しでも前向きになれるんなら、それが一番いいと思ったのは
確かです。
だけど、もっといいやり方があったのでは?という思いが拭えません。
もっと彼の心を傷つけないよう、夫との間も双方上手く調整しながら
ゆっくり離れて行くこともできたと思うんです。
だけど私の力不足で、それができなかった。
一刻も早くはっきりさせたかった。
正直、早く楽になりたかっただけなのかもしれません。

そういうわけで、結婚してみて夫と合わなかったら、
それは自業自得なんで、別れてもしょうがないなと思ってました。
だけど、今のところいろいろありながらも、
夫と結婚してよかったと思っているし、日々幸せを感じています。

だから、今日彼も幸せになってるという話を聞きたかった・・・
それが自分勝手であり自己満足なことは、重々分かっているんですけど。

ほんとは私も幸せになっちゃいけないのかもしれない。
そんな考えさえ浮かんできます。

「できるだけ、誘ってあげてね。私はもう何もできないから。」
そう言うのがやっとでした。
友人は、「うん、大丈夫だよ。」と言ってくれましたが、
「彼女できたらしいよ。いい子みたいだよ。」という報告を聞くまで、
私の気が安まる日は来ないでしょう。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

よかったよかった

健全が一番デス♪
元彼さん、いい人だったのですねぇ~
別の国とか別の時代に生まれてたら、この人と一緒になれたかも?って思えるようなタイプかなぁ?なんて、勝手に想像しました。
現代の日本じゃ・・・
優しいだけじゃ潰れてしまう。
きちんと別れを言ったすなみさんも辛かったと思います。

はじめましてm(__)m

あなたの人生と元カレさんの人生は別々ですよ。

何も気にすることはないと思います。

結婚したんであれば運命共同体になったかもしれない。
でも違うんです。

あなたはあなたでどんどん幸せになって下さい。

うん。

>しぇりーさん
ほんとにいい人でしたよ。人として教わることが何度もありました。
追われれば逃げて、逃げられると追いたくなる恋愛しかして来なかった私に、
愛し愛されることの幸せさを教えてくれた人でした。
「私が二人いたら」と何度思ったかしれません。
前世では親子か兄弟だったんじゃないかな、という気もします。
>タコさん
初めまして。コメントありがとうございます。
そう思ってもいいのかな・・・
結婚して、運命共同体になるのは正直怖くてできませんでした。
背負うものが多すぎて。
だけど最終的に逃げてしまうのなら、始めから関わらなければ
彼を傷つけずに済んだのにって
そう思ってしまうんですよね。

でもそう言ってくださってありがとうございます。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。