よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫との出会い(1)

彼とは1月、会社の人(同じ部署の先輩(女性))の紹介で知り合いました。

工学部の助教授というので
「ふ~ん、どうせ研究室という井戸育ちで
世間知らずのお坊ちゃんだわ」
と思い、期待はしてませんでした。

最初の印象は「自分語りの人」といった感じでした。
別れ際、電話番号も交換しなかったし
私に興味ないんだろうな、と思っていました。

が、数日後、紹介してくれた先輩から
「鹿原先生ね、すごく小屋川さんのこと気に入ったみたいで
連絡先聞かれたんだけど、教えてもいい?」
と言われました。

そうは見えなかったけどな~、でも聞きたいならあの時直接聞けばいいのに。
と思いつつメールアドレスを教えると、
「食事でも行きませんか」というメールが返ってきました。

で、食事兼飲みに何度か行ったのですが・・・

正直ですね、詐欺じゃないのか?と疑うくらいに、完璧な人です。
私が男性に対して今まで「こうあってほしい」と思っていた要素を
事前に調べたんじゃないかと思うほど、ほとんど備えています。
(唯一顔だけが好みじゃない(爆))
あまりに完璧で、その上に私に対してすごくまっすぐに向かってきてくれるので
自分の気持ちを確認する暇がないというか・・・

それと、自分自身が会社辞めたりとかして今弱ってるっていうのがあって
受け止めてくれそうな誰かに頼りたいのかもしれません。
でもそういう気持ちで相手に応えるのは失礼だから
自分自身で「本当に彼が好きなのか?
もし彼が私を好きじゃなくなっても、彼がいいと思えるのか?」
という問いに答えを出さなくちゃいけないなあ、と思っています。

状況だけがどんどん先に進んでいっちゃいそうなのが怖いんだけどね。

書こうかどうか迷ったのですが、私が鹿原さんを好きになったポイントを挙げさせていただきます。
こういうのは人が見ても面白いわけないと思ったりするので、
気が向いた方だけお読みください。

まず、第一印象は前にも言ったように、あまりいいもんじゃありませんでした。
初対面で彼に対して私がどう思ったかというと
・全然目が合わない(私は話す時こちらを見ない人が苦手。無視されてるような気がする)
・すごく早口(後で聞くと茨城の人だったんですけど、茨城の人って聞き取りにくい喋り方をする人が多いって聞きました。そうなのかな?間違ってたらごめんなさい)
・話す時、時々目が上を向く(考え事してる時に上を見上げる癖のある人なんですよね)
・ひねくれた物言いをする(これは今でも直ってませんが)

これに加えて、
・過去、人妻と付き合ったことがあると告白された(初対面で!)
・紹介してくれた女性(私の職場の上司)と、その婚約者である男の人と4人で飲んだのですが、彼は男の人とばっかり喋っていた(後日照れていたのだと弁解されましたが)
・別れ際、私は携帯電話を取り出したのに、相手は名刺を渡しただけで、番号を聞かなかった(これも遠慮していたのだと言われました)
ということがあり、正直「次がなくてもあんまりがっかりしないや」と思っていたのです。
それがどうしていい方に印象が変わったのかというと・・・

その後、紹介してくれた女性を通じて、鹿原さんが私とまた会いたいと言っていることを聞かされたことは上に書きました。
それでメールアドレスを教えたところ、飲みに誘われました。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。