よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫との出会い(4)

そして、私は鹿原さんに誘われるまま、彼の家に居候するような形となってしまいました。
これだけ書くと、何だかやっぱり結婚詐欺みたいだなあ・・・(苦笑)

だけどまあ百歩譲ってそうだったとしても、私にとって鹿原さんと出会ったことは幸せなことだったと、そう思います。

私は以前すごく好きになった人がいました。
あまりに好きになりすぎて、その後私の理想の男性像がしばらく歪んでしまったほどでした。というのもその人はすごく特殊なポイントで、私の心を掴んでいたからです。それがどういう点かというと、
・理系だけど読書家(哲学的な本だとなお良し。なぜ理系かというと、私が超・文系人間だから)
・私を「私として」扱ってくれる(女はこうだろうという思い込みがない)
・考え方が深く、こちらの話にちゃんと向き合ってくれる
・女性をモノとして扱わない(特に性交渉において)
・欲望のままに突っ走らず、こちらの気持ちを尊重してくれる(特に性交渉において)←よほどこだわってますね
・運動が得意(どうでもいいことのようですが、私が運痴なので、運動ができるというのはそれだけで尊敬に値するのです)
・お金にケチケチしていない
・仕事ができる

でもその後、いろんな男の人と付き合いましたが、そういう人には二度と出会えませんでした。だから私はすっかり諦めてしまっていたのです。
「ああいう人はもういない、だから現実に私が沿うように努力しよう。」

それなのに、鹿原さんはなんと上に挙げた点を全てとは言いませんが、かなりのレベルで持っていたのでした。
何とも皮肉な話です。
しかも見たところ、借金も暴力癖も浮気病もないようです。

それで今どんな状態かというと、私は鹿原さんに、日々恋をし続けている状態です。(自分で書いてて恥ずかしい)
だけど鹿原さんも、こんなことを言っていました。
「今はあなたのことが好きすぎて苦しい。早くあなたといることが日常的になって、楽になりたいと思う。」
なぜ、お互いに好きなのに、どちらも片思いのような状態なのでしょう?もしかして二人とも不幸体質ってことですか?(笑)まあこれが相性が悪いということではないことを祈っております。

というわけで、一旦この文章を終わります。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。