よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい話。

友人(同い年、14歳の娘さんあり)から聞いた話。

友人の家の近くに住んでて、友人の娘さんと進学班が同じ
Kちゃんという女の子がいて
友人の娘さんがいつも面倒見てもらってた。

当時友人の娘さんは小学1年生、Kちゃんは小学3年生。
ある日、Kちゃんが一人で泣いてるのを友人が見かけた。

「どうしたの?」
友人が声をかけると、
「もう大丈夫です。」
と笑顔を作ったけれど、
「何かつらいことあったら聞くよ?本当に大丈夫?」
友人がそう聞くと、泣きながら話し始めた・・・
Kちゃんには1歳違いのお兄ちゃんがいて、養護学校に通ってるらしい。
その子のことで、保育園の頃から、みんながいじめるそうだ。
親に相談したくても、「自分のことは自分で解決して。」と言われるし
お兄ちゃんの介助で精一杯だから心配かけられない。

友人は「いつでもおいで、いっぱい話そう。」と声をかけた。
それから、Kちゃんは友人宅に遊びに来ることになった。
イジメがやむことはなく、高学年に上がると今度はKちゃんへの無視に変わった。
一度友人の娘さんが学校内でKちゃんに声をかけたら、Kちゃんは無視したらしい。
友人が聞くと「返事して○ちゃん(友人の娘さん)がいじめられたらいけないから・・・」
と言ったらしい。

Kちゃんはすごくいい子で、お兄ちゃんのことも大好きだと言っていたそうです。
友人はずっとその子のことを応援していて、
そんな二人の時間はずっと続いた。

Kちゃんは、去年の春、とうとういじめっ子の誰もいない高校に合格した。

今では、その子たちと離れて、毎日楽しい生活を送っているそうです。
遊びに来ることはなくなったらしいけど、道で会ったら挨拶してくれるそう。
ほんとによかった!と友人は言ってました。

久しぶりにいい話を聞いた~♪

親が支えてあげられなくても、先生が見つけなくても
こうやって、誰か支えてくれる人がいれば
頑張れるってこともあるんですよね~。

私も、小学校~中学校からいじめられてて
いじめっ子たちと離れるのだけを支えに頑張ってて
念願の高校に合格したら、ほんとにいじめられなくなったから
Kちゃんの状況がよく分かります。

私の場合は、数少ない友人が支えてくれたんだけど・・・

人は、やっぱり支えてくれる人なしでは生きられないなあ、と思った出来事でした。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

素直でいい子ですね・・・
しかし、イジメの原因たるや過去も現在も相変わらずなのね。
だからなにか?って言いたくなるよーなことばっか。

以前イジメる側であろうって自分のこと書いた私ですが、もうちょっと筋の通ったことでイジメたというか・・・説教体質なんだな、きっと(・∀・)
イジメはあくまでイジメであり、私はどっちかってゆーと根性試しとか力試しみたいなのが好きだったんで、やっぱイジメだって言われそうなことしてた時って自分の中では「注意してやる!」っていう思いだったんだと思います。
自分より年下とか弱い人に対しては「守るもんだ」って先輩から教わってたしなぁ・・・

イジメっ子がひとりもいなくなった新しい環境で一番楽しい時を取り戻して欲しいですね。
でも、その子、すごく強い子だと思うなぁ。
ご友人のお子さんのことまで考える思慮深さとか、イマドキの子ってそういうの欠落してるって言われてるから感動しました。

うんうん。

私が親だったら
「そんなんでいじめる方が頭おかしいんよ!」
と、相手の子たちを叱りに行くかもしれないですね~

イジメられても仕方ない、と言わざるを得ない子は
確かにいますよ。
イジメられてた私が言うのもなんですが、
あんた、もうちょっと性格どうにかしたら?
と言いたくなるほどひねくれてる子もいるし。
(まあその子にはその子の事情があり、イジメたからと言って
いい方に向かうわけでもないんですけどね)

そうですね~、Kちゃんは今時の子にはありえないくらい
強い子だと思います。
こういう子はいるんですよね。
でもそれはもしかすると身近にお兄ちゃんという存在がいたことも
関係してたかもしれないです。
Kちゃんみたいな子がもっと幸せになれる世の中だといいな~

いじめられっこ

すなみさんこんばんは。
私もいじめられっ子でしたが、いじめっ子がいなくなればいじめられないという発想自体がありませんでした。
私は、どこへ行ってもいじめられる社会不適合な子供なんだと思ってました。世界が狭かったんですね。
でもいじめられている人はそう思う子が多いんじゃないかな、と思います。

Kちゃんにもすなみさんにも支えてくれる人がいて、いじめられない世界もあると感じられたことは救いですね。
私も、もしいじめられっ子に会う機会があったら、ちゃんと楽しく生きられる世界もあるって言ってあげたいです。

ノリエさん

そっか。「どこへ行ってもいじめられるかも」は
私も考えたことはありましたが、なぜか根拠のない
自信があったんですね・・・それは私がわりとすぐ
助けを求める子供だったので、周り(両親や数少ない友達など)も
フォローしてくれていたんだと思います。
でも本当は子供にとってサインを出すことは難しいと思うので、
それを感じ取ってやれる大人になりたいですね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。