よしなしごと

2005年6月に結婚、2007年2月に長男が生まれました。2009年8月に次男も加わって、てんてこまいの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷろぽーず

幸せいっぱいのもぐたんさんに触発され(笑)
私のプロポーズの時はどうだったかなーと思い出してみました。

大体紹介された時点で、向こうは結婚前提だったみたいなので
2回くらい会った時には既に「結婚してください」モードだったなあー。

それでも、私はわりと警戒してましたね・・・
あんまりトントン拍子すぎて、いつか「やめた」と言われるんじゃないか?って。

実は、27歳くらいの時に、そういうことがあったんです。
相手は京都のお医者さんの息子で、本人も医学部。
知り合ったのは、友達が当時ウインドサーフィンをやってて、その集まりに
来ない?と言われて行ったのがきっかけ。
私自身は一切ウインドサーフィンなんてしなかったんですけど。

向こうは最初から結婚しようモードで、
でも私自身は相手の人間性に疑問を感じながらも、お医者さんだしいっかーなんて
思ってたら、連絡が激減・・・
京都の彼の実家にご挨拶まで行ったんですが、結局その1ヶ月後には別れちゃいました。

話がそれましたが
どうも夫にその人と似たニオイを感じる部分があったので
警戒してたんですよ。

結局その間は微妙に当たってしまったわけですが。
(自分の心の声にはちゃんと耳を傾けないかんねー)

んで、知り合った3ヶ月後にお試し同棲を始め、
そこからは怒濤のように進んで行ったわけですが。

夫は、ちゃんとプロポーズしたいと思っていたようです。
5月にお互いの両親に挨拶に行こうという話になって、
その前に、どっかちゃんとした所(海の見えるホテルとか 笑)に
食事に行こうねーなんて言われてました。
でも私はそれを阻止したのです。
そういうこっ恥ずかしいことはいやだったし、
そうやって相手を改まった気持ちにさせることが、負担なようにも感じていました。
そうこうしてる間に、挨拶の日程が迫って来てしまって、
プロポーズは結局、二人で飲みに行った帰りに、超酔っぱらった状態で
「ずっと一緒にいようなー」
「私だって、いやって言っても離さんからねー」
などと言ったのがそれ?ってことになりました。
(後で夫に聞いたら、もう覚えていないそうです・・・)

今となっては、恥ずかしくてもちゃんとしてもらっとけば良かったなあ、と思います。
やっぱそういう節目って大事だし。
特にうちみたいな、超スピード結婚の場合は、
なーんとなくで進んで来ちゃった感がありますからね。

そういうことだから、うちは結婚二年目にして
入籍記念日も結婚記念日も二人して忘却の彼方
なんてことになるわけですよ・・・

でもちょっと心を入れ替えました。
子供が産まれたら、そういう夫婦のイベントってさらにおざなりになっていくことは
間違いないですよね。
というわけで、今年の結婚記念日からは
やつに毎年プロポーズしてもらいます!
(私もするけどね)

そうして新鮮さをいつまでも保って行くぞ~

本当は、
いつからか、私の中で理想の夫婦というのは
「子供よりも相手を大事にする夫婦」
と思っていたのです。
子供をないがしろにするわけじゃなくてね。
前にも書いたかもしれないけど、うちの両親が、子供だけが一緒にいる理由
みたいな感じの夫婦だったから、
子供ながらに、それってすごい重圧だったんです。
小さい頃から私はずうっと両親のケンカの仲裁役だったし、
いざ離婚するとなった時(私は成人して家を出てましたけど)も
私を巻き込んでごたごたするし。
(父の一人暮らししてる家に泊まり込んで浮気の証拠を探せとか、
離婚裁判となったら、証人として出頭しろと言われました)

それはまあ極端な例としても、
子供というのは途中からやってきて、先に家を出て行くもの。
その後は夫婦二人の生活が待っているのです。
その時にお互い話すことがないとか、ひどい時はそれを待ちかねたように離婚届を出すとか
悲しすぎるじゃないですか。

というわけで、子供がいてもいなくても仲のいい夫婦というのが目標です。

もちろん子供は大事ですが、
どっちかっていうと、授かった人を、人様に迷惑かけないように育てて
世間に送り出すって感じ。

まあ現実はそんなにうまく行かないとは思いますが・・・
いざ生まれたら「子供だけが支え」とか言っちゃってるかもね。

そんなことを思っているのでした。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

おはようー

私の友人もすなみさんと同じようなこと言ってました。
もっと極端だったけど・・・
「パパの子供だから産みたいと思った。
でも、子供よりパパが大事」
それを実践してたのですよ。
私は、「生きがいは仕事。夫は仕事のパートナーとして欠かせない人で、子供は誰の種であっても私の子供だから大事」という考え方で、彼女とはいっつも意見が食い違ってムキになって言い合いしてたもんです。

今の私の生きがいってなんだろ?って考えちゃいました。
子供が生きがいってわけじゃないしなぁ~
子供は好きで一緒にいたい人だし、色々教えてくれてありがとうっていう存在なので、育児してるつもりもないし、子供もされてると思ってないだろうし( ;∀;)
んじゃチンネンさんか?って言われるとそれは全く違うし・・・
とりあえず、毎日無事生きること?
なんだろ?わからん・・・

おお、早起きですね

生きがいかぁ~
私も夫が生きがいか?と言われたら、多分違いますよぉ(笑)。
でも仕事でもないしな・・・(今してないし)
まして子供でもないですね~、今のところ。

よく分からないけど、私にとって生きがいって
自分自身のもので、他の要因に左右されたくないので
子供とか夫とかの他者を対象にはできないですね。
意志がある以上、私から離れることもあると思うし、
そうなったら、私の生きがいって何だったの?ってなりますよね。

今のとこ、私にとって生きがいとは
「成長すること」
かなあ。
現在は体重と体型ばっかり成長してますが(汗)。

しぇりーさんの子供さんに対する考え方って好きです♪

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

小屋川すなみ

Author:小屋川すなみ
九州⇒2011.3より神奈川に引っ越した30代(もうすぐ終わり)兼業主婦です。動物占いは羊。血液型はO型。趣味は読書と、カフェ巡り・・・ですが最近全然できていません^^;

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
☆いくつになったの☆



*script by KT*

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。